セブンイレブンのお弁当!和風ハンバーグ弁当 アンガス種牛肉使用のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している和風ハンバーグ弁当 アンガス種牛肉使用です。ハンバーグはボリュームだけでなく味のクオリティも高く食べ応えのあるものでした。詳細はこのまま読み進めてみてくださいね。

和風ハンバーグ弁当 アンガス種牛肉使用の詳細

名称 弁当
商品名 和風ハンバーグ弁当 アンガス種牛肉使用
価格 ¥498
原材料名 御飯(国産米使用)、ハンバーグ、オニオンソース(玉ねぎ、洋風調味料、醤油、アップルソース、その他)、小松菜コーン醤油たれ和え、じゃがいも煮、人参煮、パセリ、トレハロース、pH調整剤、加工澱粉、増粘剤(加工澱粉)、調味料(アミノ酸等)、グリシン、カラメル色素、炭酸Na、香料、酸味料、香辛料尾抽出物、酸化防止剤(V.E)カロチノイド色素、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、牛肉、豚肉、鶏肉、ゼラチンを含む)
消費期限 約半日(商品購入が3月11日の午後3時頃で消費期限が3月12日の午前3時)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安 500W:3分00秒、1500W:1分00秒
製造者 (株)武蔵野 神奈川工場 神奈川県厚木市酒井1400-1 TEL:0120-656-578
栄養成分表示
熱量 603kcal
たんぱく質 23.2g
脂質 19.1g
炭水化物 84.6g
ナトリウム 1.3g

商品の開封まで

こちらが今回紹介していく和風ハンバーグ弁当 アンガス種牛肉使用です。フタを開けなくても大きなハンバーグの存在が伝わってきます。ハンバーグですが、大きすぎて枠に収まっていないのでお弁当の容器を傾けるとすぐに位置がずれてしまいます。

すぐに食べる場合は、そのままの状態でレンジに乗せていきます。

レンジに乗せたら、出力を500w、時間を3分に設定して温めていきます。

温めるとこんな感じ。

温め終わったら、OPENの部分からフィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。

中を開けると、ハンバーグにかかっているオニオンソースがフタに付かないように保護シートが乗せてあるので、食べる前にこれをどかしていきます。

中身はこんな感じ。

食べてみた感想

美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

メインのハンバーグは文句なしですね。強いていえばとかそういう欠点は一切ありません。ボリュームだけでなく味が伴っていますからね。

このサイズで498円は素直に安すぎる!と思います。で、残念なのはご飯ですかね。量はまあ普通という感じで全然良いのですが、パセリの味が邪魔をしていてハンバーグとご飯を一緒に食べている時にパセリの味が邪魔してくるんですよね。

ハンバーグ弁当にパセリの味は求めてないです。見た目的にパセリがないと質素になってしまうのは分かるのでもう少し量を減らすとかにした方が良いと思います。

セブンイレブンはセパレートタイプ以外のお弁当になると純粋な白ご飯って思った以上に少ないんですよね。セパレートタイプのお弁当で白ご飯は散々販売しているから、普通の平たいお弁当ではちょっと違ったものにしてみよう。という方針なのでしょうか。

セブンイレブンのお弁当をもっと見る

こちらの記事もどうぞ

全て実食済み!ローソンのお弁当のおすすめランキングを紹介します。カロリーや消費期限もまとめました。 全て実食済み!ファミリーマートのお弁当のおすすめランキングを紹介します。カロリーや消費期限もまとめました。