ローソンのお弁当!うみんちゅ監修油淋鶏丼のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売しているうみんちゅ監修油淋鶏丼です。第7回からあげグランプリで最高金賞を受賞したうみんちゅが監修しているお弁当ですね。からあげグランプリの最高金賞の実力がどの程度のものか、とても楽しみです!

うみんちゅ監修油淋鶏丼の詳細

名称弁当
商品名うみんちゅ監修油淋鶏丼
価格¥498
原材料名ご飯(国産米使用)、鶏唐揚、甘酢醤油たれ、茹長ねぎ、海苔、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、グリシン、増粘多糖類、加工澱粉、香辛料、カラメル色素、香料、酵素、(原材料の一部に小麦、卵、ごま、豚肉、りんご、魚介類を含む)
消費期限約半日(商品購入が11月21日の午前10時頃で消費期限が11月21日の午後11時)
保存方法10℃以下で保存する
レンジ加熱目安500w:2分30秒、1500w:0分50秒
製造者日本クッカリー(株)船橋工場 千葉県船橋市高瀬町62-5 TEL:0120-81-6459
栄養成分表示
熱量848kcal
たんぱく質37.8g
脂質33.9g
炭水化物97.9g
ナトリウム1.4g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくうみんちゅ監修油淋鶏丼です。

容器の表面に貼ってあるフィルムには、原材料名、保存方法、消費期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

容器には、油淋鶏のタレが入った袋が貼ってあるので、レンジで温める前にこれは絶対に剥がしておきましょう。

袋を剥がしたら、そのままの状態でレンジに乗せていきます。

後は、出力を500w、時間を2分30秒に設定して温めていくだけですね。

こちらが温め後の写真ですが、特に見た目に変化はありません。容器もアツアツになるようなことはなく、長い時間手に持っていても全然大丈夫でした。

温め終わったら、切り口の部分からフィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。;

中身はこんな感じ。鶏肉は全部で5つですかね。中心部分には長ねぎが結構大量に乗っています。さらにご飯の上にはきざみ海苔が乗っていますね。

ということで実際に食べてみました。流石はからあげグランプリで最高金賞を受賞したうみんちゅが監修しているだけのことはありますね!

本来はこんなもんじゃないと思いますが、お弁当として温めてから食べても十分美味しい鶏肉でした。衣のカリカリ感はありませんが、お肉がとてもしっかりしています。柔らかいものではありませんが、その分食べ応えがあって良かったですよ。

ピリピリッとした辛さが全くなかったのは物足りなく感じましたが、鶏肉の質が凄く良いので、それだけ非常に満足出来ちゃいました。この鶏肉を使って色々なお弁当を出して欲しいですね。油淋鶏だけで終わってしまうのは勿体なく感じます!

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(4.0)

油淋鶏というとピリピリッとした少し辛い味を想像する人も多いかもしれませんが、この油淋鶏丼は辛さが全くありませんでしたね。うみんちゅう特製のタレをかけても全く辛さがなかったので、刺激的な味を求めてる人だと物足りなく感じるかも。

美味しいことには美味しいんですが、想像していたものとはかなり違ったなと。初めて体験する味でレモンとポン酢の味を融合させたような味に思えました。原材料を見ると一応ラー油は使用されているみたいなのですが、ラー油っぽさはほとんどなかったですね。

ローソンのお弁当
おすすめランキングに戻る