セブンイレブンのお弁当!旨辛!四川風黒麻婆丼のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのはセブンイレブンで販売されている旨辛!四川風黒麻婆丼です。

セブンイレブンでは長きにわたって麻婆豆腐のお弁当が販売されていますが、定期的にモデルチェンジを行っているみたいですね。

以前はこの麻婆丼ではなかったと記憶していますし、新しくなった現行の麻婆丼を食べるのは初めてだったりします。名前に旨辛!と付いているのでこれがどのくらい辛いのか色々な意味でドキドキしますね。あまり辛すぎると食べれないので、、

旨辛!四川風黒麻婆丼の詳細

まず最初に旨辛!四川風黒麻婆丼のカロリーや消費期限などについてまとめておきます。何と言ってもこの麻婆丼の魅力は安さですね。これだけのボリュームで400円を切っているお弁当はなかなか見かけないです。

名称弁当
商品名旨辛!四川風黒麻婆丼
価格¥398
原材料名麻婆豆腐煮(豆腐、豚肉、味付豚肉、その他)、御飯(国産米使用)、長葱、カラメル色素、増粘剤(加工澱粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、凝固剤、グリシン、乳化剤、香料、(原材料の一部に卵、小麦、ゼラチン、豚肉、ごまを含む)
添付花椒花椒
消費期限約1日(商品購入が3月5日の3時頃で消費期限が3月6日の午前3時)
保存方法10℃以下
レンジ加熱目安500w:3分00秒、1500w:1分00秒
製造者わらべや日洋株式会社 吉川工場 埼玉県吉川市南広島442-1 TEL:0120-500-197
栄養成分表示
熱量590kcal
たんぱく質23.0g
脂質14.4g
炭水化物92.3g
ナトリウム1.5g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介する旨辛!四川風黒麻婆丼です。

購入後すぐ食べない場合は要冷蔵となっています。また、表面に貼ってあるシールには消費期限やカロリーなどの詳細が載っています。

裏面にもシールが貼ってあり、こちらには原材料名や製造者などの詳細が載っています。消費期限や保存方法は表のシールを確認してください。

では早速温めていきますね。

私のレンジは1000wですのでちょうど2分温めれば良さそうです。1500wで1分。500wで3分なので。

温めが完了するとこんな感じに変化します。といっても温める前とあまり変化がないですね、、温める前との変化に気付いた人がいたら逆に凄いです。

花椒というスパイスが付いてきますが、こちらは外さずに温めても問題ありません。

フタを外してみました。長葱があることで彩り豊かになっていますね。これがあるのとないのとでは大違いです。

旨辛!四川風黒麻婆丼はセパレート式になっているので、自分で麻婆豆腐を白ご飯の上にかけていく必要があります。こぼさないように注意しましょう。

ということで実際に食べてみましたよ。

普通に美味しいことには美味しいんですが、やっぱり子供舌の私にはとっても辛く感じました。もう一段階辛くない方が美味しいです。正直。

それにスパイスで辛さはある程度調整出来ると思うので、尚更もう少し辛さを抑えて欲しかったですね。旨辛というコンセプトなのでしょうがないんですけどね。

普段甘口や中辛を食べている方なら私の同じことを思うんじゃないかなと。

ただ、安価な値段な割に味付けはとてもしっかりしていますし、小さいですが豚肉も沢山入っているので辛ささえ合っていれば満足度は高いと思います。1つ1つのお豆腐も大きいですし、セブンイレブンだからこそ成せる力技だなと。

もし金銭的に余裕がなくて空腹状態であればこの麻婆丼を選択するかもしれません。お金に余裕がないなら自炊しろって話ですけどね。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(4.5)
おすすめ度
(3.0)

セブンイレブンで旨辛チキンというファーストフードがあるんですけど、あれを思い出させるような味付けでしたね。チキンと麻婆丼で全く別のものですが、味付けは全くと言っていいほど同じに感じました。一緒に開発されたものなのかもしれません。

で、問題の辛さですが、普通にスパイスをかけなくても辛いです。いきなりドバっとかけなくて本当に良かったです。かけてたら絶対後悔してましたね。かけなくても一般的な中辛と辛口の間くらいの辛さはありますよ。

これでスパイスをかけたら辛口より辛い味に変化するのではないでしょうか。私は怖くて試すことが出来ませんでしたが、本来はスパイスをかけてこその麻婆丼だと思うので、辛いものが大丈夫な人は是非かけてみてください。

セブンイレブンの
お弁当ランキングに戻る