セブンイレブンの揚げ物!うま辛チキン(むね)のカロリーと食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売しているうま辛チキン(むね)です。レジ横の揚げ物コーナーに置いてあるモノの中の1つですね。うま辛チキンは、私が知っているだけでもかれこれ2年以上は販売され続けている定番の商品なので、一度買って気に入った場合、何度もリピートすることが可能ですよ。

うま辛チキン(むね)

名前 うま辛チキン(むね)
価格 ¥178
栄養成分表示
熱量 201kcal
たんぱく質 14.8g
脂質 11.8g
炭水化物 8.9g
ナトリウム 516mg

開封と食べてみた感想

こちらが今回紹介していくうま辛チキン(むね)です。購入すると、上の写真のように専用の小袋に入れられます。この状態だと中は全く見えませんね。

袋をひっくり返すと、セブン&アイグループのロゴがしっかり刻まれています。

食べる時は、キリトリ線の部分から袋を開封していきます。ハサミやカッターなどの工具は必要なく、不器用な人であろうと手で綺麗に開けることができますよ。

袋を切り取るとこんな感じ。

後はこの状態で食べていくだけですね。ギトギトしていますのでなるべく手で触れずに食べていきましょう。

今回は分かりやすくうま辛チキンを袋から出してみました。写真だと茶色っぽくなってしまっていますが、実際はもっと赤みのある外見をしていましたよ。

ということで実際に食べてみました。

衣のカリカリ感と、うま辛チキンという名前の通り、めちゃめちゃ刺激的な辛さが楽しめるものでした。普段カレーは甘口でもなく中辛でもなく辛口を嗜んでいる。という人にピッタリの辛さじゃないかな?と思いました。それでも舌がピリピリとすることは避けられず、冷たい飲み物を間に挟みつつ食べていくことになるでしょう。

肝心のお肉は、とても柔らかく筋っぽい部分が全くないので食べやすかったです。人によってはお口がヒリヒリとするくらい辛いものになると思いますが、一度この辛さを味わってしまうと癖になってしまう不思議な魔力を感じました。

この商品の評価

美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

外側の衣はカリカリっとしており、その衣の部分がとてもスパイシーかつ辛い味に仕上がっていました。カラムーチョなどのお菓子と同じような子供騙しの辛さではなく、辛いものに少し耐性がある人でも舌がピリピリとするくらいには辛いチキンでしたね。

そのため、ピリピリとした刺激的な辛さを求めている人にはぴったりの商品ですが、あまり万人受けするものではなく、辛さに耐性がない人だと辛い揚げ物になるだろうな。と思いました。私は辛さに特別耐性がある訳ではありませんが、本能的には辛いものが好きなため、定期的に食べているのですが、その度にやっぱり辛いなって思いますね(笑)

セブンイレブンの揚げ物をもっと見る

こちらの記事もどうぞ

新商品を含む!ローソンの揚げ物(Lチキ、からあげクンなど)のおすすめランキングを紹介します。カロリーもまとめました。 全て実食済み!ファミリーマートの揚げ物(ファミチキ、ファミポテなど)のおすすめランキングを紹介します。