セブンイレブンのお弁当!チャーハン&油淋鶏のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売しているチャーハン&油淋鶏です。チャーハンとチキン南蛮を組み合わせたお弁当であれば以前紹介したことがありますが、チャーハンと油淋鶏を組み合わせたお弁当は見かけたのも食べるのも今回が初めてです。

チャーハン&油淋鶏の詳細

まず最初に、チャーハン&油淋鶏のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名チャーハン&油淋鶏
価格¥550
原材料名炒飯(米(国産)、卵、長葱、その他)、鶏唐揚げ、焼きそば、甘酢醤油たれ、玉葱長葱ボイル、pH調整剤、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、グリシン、カラメル色素、かんすい、加工澱粉、甘味料(ステビア、甘草)、酸味料、発色剤(亜硝酸Na)、クチナシ色素、焼成Ca、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、牛肉、ゼラチン、豚肉、もも、りんご、ごまを含む)
消費期限約半日(商品購入が10月4日の午前10時頃で消費期限が10月4日の午後6時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:2分10秒、1500w:0分45秒
製造者わらべや日洋(株)相模原工場 神奈川県相模原市中央区宮下3-9-1 TEL:0120-498-711
栄養成分表示
熱量779kcal
たんぱく質28.6g
脂質23.1g
炭水化物114.2g
ナトリウム2.7g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくチャーハン&油淋鶏です。新発売の赤いシールが貼ってありますね。セブンはこのシールが貼ってあっても、あれ?以前販売していたよね。ってことが多々あるのですが、このお弁当に関してはそんなことはないはず。

容器の表面に貼ってある透明のフィルムには、原材料名、保存方法、消費期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、そのままの状態でレンジに乗せていきます。ちなみに、このお弁当はレンジで温めなくても食べることが出来ます。

レンジに乗せたら、出力を500w、時間を2分10秒に設定してあたためスタートですね。

温めると、容器の底の部分がとても熱くなりますので要注意です。というより、この容器が使用されているお弁当は温めるとめちゃめちゃ熱くなるんですよね。

温め終わったら、OPENの部分からフィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。

食べる前に、油淋鶏の上にかぶせてある保護シートを必ず外しましょう。

炒飯と油淋鶏が斜めに区切られています。どちらも負けないくらいのボリューム。ちなみに、油淋鶏の下には焼きそばが敷いてあります。

ということで実際に食べてみました。

全体的に悪くはないんですが、炒飯に関しても油淋鶏にしてももう一押し欲しかったかなと。550円とお値段も一般的なお弁当に比べてちょいと高い訳ですしね。

炒飯は胡椒や塩のしょっぱさがほとんどないさっぱりとした味。お肉のようなベーコンのような薄くて小さいものがいくつか入っていましたが、これではちょっと弱いかなと感じてしまいますね。キツイ言い方になりますが平坦な味で面白味もありません。

油淋鶏は、辛さのない甘い醤油のタレで味付けされているため、食べていて少々甘ったるいですね。もう少しメリハリのある味付けだったら嬉しかったなと。

と、悪い点ばかり挙げてしまいましたが、決して粗悪なお弁当ではありません。ただ、全体的に味が弱く(味が薄いではなく)。食べていて物足りないってだけです。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(2.5)
おすすめ度
(3.0)

油淋鶏ということでピリピリとした辛さが多少楽しめる味付けになっているんじゃないかな?と期待していたんですが、結果は大ハズレ。ピリピリとした刺激的な辛さは全くなく、悪く言ってしまうと甘ったるいメリハリのない味付けになっていましたね。

昨日バーミヤンの油淋鶏弁当を宅配してもらって食べたんですが、バーミヤンの油淋鶏の方が10倍美味しいです。決して悪くないんですが、やはり甘いだけでは食べていて微妙な気持ちになっちゃいますね。それとレタスやネギなどの野菜がほとんどないのも物足りなく感じる要因の1つですね。お肉だけではしまらないです。

セブンイレブンの
お弁当ランキングに戻る