セブンイレブンのお弁当!特製親子丼のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

セブンイレブンではすっかり定番化された親子丼のお弁当を紹介していきます。親子丼が好きな人はもちろんのこと、コンビニ弁当で何にするか迷っている人にはかなりおすすめの商品ですね。詳細はこのまま読み進めてみてください。

特製親子丼の詳細

名称 弁当
商品名 特製親子丼
価格 ¥450
原材料名 御飯(国産米使用)、鶏肉玉子とじ、加工卵、加工澱粉、トレハロース、pH調整剤、糊料(加工澱粉、増粘多糖類、アルギン酸Na)、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、グルコン酸Na、カロチノイド色素、セルロース、グリシン、酸化防止剤(V.E)、カラメル色素(原材料の一部に小麦、卵、ゼラチン、大豆、魚醤(魚介類)を含む)
消費期限 約2日半(商品購入が3月6日の3時頃で消費期限が3月9日の午前3時)
添付きざみのり 乾のり
添付七味唐辛子 赤唐辛子、ちんぴ、黒ごま、けしの実、山椒、あおさ、麻の実
保存方法 10℃以下
レンジ加熱目安 500W:3分00秒、1500W:1分00秒
製造者 わらべや日洋株式会社 相模原工場 神奈川県相模原市中央区宮下3-9-1 TEL:0120-498-711
栄養成分表示
熱量 522kcal
たんぱく質 23.4g
脂質 9.8g
炭水化物 85.0g
ナトリウム 1.4g

商品を開封するまで

こちらが今回紹介していく特製親子丼です。セブンイレブンの親子丼には七味唐辛子と有明海産のきざみのりが付いています。

裏面にはカロリーや原材料名などの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合はそのままの状態でレンジに乗せていきます。

後は出力を500w、時間を3分に設定して温めていくだけですね。

温めるとこんな感じ。

温め終わったら、フィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。

セパレートタイプのお弁当なので、食べる時は上に乗っている親子丼の具を下の段に乗っているご飯の上に乗せていきます。

これで完成です!

食べてみた感想

美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

セブンイレブンの親子丼はかなり本格的です。レトルト感は全くなくお店で食べる親子丼大きな違いはありませんよ。もちろん高級料理店とかになると格の違いを見せつけられると思いますが、大衆店であれば差はほとんどないでしょう。

親子丼の甘いお汁が白ご飯に溶け込んでこれがめちゃくちゃ美味しいんですよね。ただし、親子丼にほぼ必ず入っている玉葱がほとんどないので寂しく感じるかも。

肉と卵の量には感心しました。安価な値段で消費者を満足させるために日々努力しているんだなと。セブンイレブン食品開発部の影の努力が感じられました。

実は、今回紹介する前にもこの親子丼は10回以上食べたことがあったのですが、改めて食べて見るとやっぱり美味しいと実感できるものでしたよ。

セブンイレブンのお弁当をもっと見る

こちらの記事もどうぞ

全て実食済み!ローソンのお弁当のおすすめランキングを紹介します。カロリーや消費期限もまとめました。 全て実食済み!ファミリーマートのお弁当のおすすめランキングを紹介します。カロリーや消費期限もまとめました。