ローソンのお弁当!テリマヨチキンステーキ弁当のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売しているテリマヨチキンステーキ弁当です。恐らく今年の5月に新しく発売したお弁当で、私自身今朝初めて店頭で見かけましたね。

かれこれ2か月ほど色々なコンビニ弁当を食べてきましたが、チキン関連のお弁当で大きなハズレに今まで出会ったことがないので、このお弁当にも大いに期待したいと思います。

テリマヨチキンステーキ弁当の詳細

まず最初に、テリマヨチキンステーキ弁当のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名テリマヨチキンステーキ弁当
価格¥550
原材料名ご飯(国産米使用)、チキンステーキ、醤油たれ、ポテトフライ、マヨネーズ、茹ブロッコリー、人参煮、パセリ粉、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、グリシン、酒精、増粘剤(加工澱粉、キサンタン)、加工澱粉、香辛料、乳化剤、カラメル色素、クチナシ色素、香料、酵素、(原材料の一部に小麦、乳、牛肉、りんごを含む)
消費期限約半日(商品購入が5月9日の午前5時頃で消費期限が5月9日の午後11時)
保存方法10℃以下で保存する
レンジ加熱目安500w:3分00秒、1500w:1分00秒
製造者日本クッカリー(株)船橋工場 千葉県船橋市高瀬町62-5 TEL:0120-81-6459
栄養成分表示
熱量684kcal
たんぱく質33.6g
脂質26.1g
炭水化物78.6g
ナトリウム1.2g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくテリマヨチキンステーキ弁当です。要冷蔵のお弁当なので、食べる前に必ず温める必要がありますよ。注意してくださいね。

そしてこのお弁当にかかせないのがこのキューピーマヨネーズ。これはレンジで温める時は必ず外しておきましょう。

では早速温めていきますね。

1500wで1分。500wで3分なので、私が使用している1000wの電子レンジだと2分程度で良いでしょう。

温めたら切り口の部分から透明のフィルムを剥がしていきます。

底の部分がとても熱くなっているのでこの部分は極力触らないようにしましょう。

フタを開けたら、チキンステーキの上に乗せてある保護シートを外していきます。照り焼きソースが他の具材やフタにつかないための処置ですね。

ということで実際に食べてみました。

チキンステーキの他にもブロッコリー、人参、ポテトと、おまけ程度ではありますが、色々な具材が乗せてあるお弁当なので、食べていて飽きてしまうことはなさそうでした。

チキンステーキには初めから照り焼きソースがかけてあり、これだけでも十分すぎるほど美味しいのですが、マヨネーズをかけるともっと美味しくなりましたよ。

もちろん、強い味があまり好みではない。という方であれば、照り焼きソースだけでも十分かもしれませんが、コンビニ弁当の濃いめの味に慣れているのであれば、迷わずマヨネーズをかけることをおすすめしますよ。

チキン自体はとても食べやすいので、皮とお肉の部分が分離してしまい、あられもない姿になることもありませんでしたね。良質なお弁当でした。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

最初はマヨネーズなしで食べていたんですが、なんだよ!マヨネーズなしでも十分美味しいじゃん。マヨネーズ要らないな。とか思っていました。ですが、実際にマヨネーズをかけてみると、新しい真の美味しさに気付くことが出来ましたね。

一度このマヨネーズありの味を知ってしまうと照り焼きソースだけでは物足りなくなってしまうほど、ぴったりな味に思えました。というより、テリマヨステーキというネーミングのお弁当なので、初めからマヨネーズをかけることを前提としているでしょうし、それを考慮してなのか、照り焼きソースの味が薄めに感じました。

ご飯の上にかかっているパセリは、ご飯単品で食べるとパセリの味が強く感じてしまいあまり良いきがしないのですが、チキンステーキと一緒に食べれば、パセリの味がかき消されてほとんど気にならなくなりました。

それでもやっぱりパセリは要らないなと思ってしまうんですけどね。

ローソンのお弁当
おすすめランキングに戻る