セブンイレブンのお弁当!だしが染み込む天ぷら鍋うどんのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売されているだしが染み込む天ぷら鍋うどんです。正式には鍋ではないかもしれませんが、一応容器が鍋のような形をしており、鍋うどんであることが強調されているのが分かります。

だしが染み込む天ぷら鍋うどんの詳細

まず最初にだしが染み込む天ぷら鍋うどんのカロリーや消費期限などについてまとめておきます。消費期限は約半日と短めなので注意してください。

それにしても、うどんにオイスターソースが使われることあるんですね。料理は全くしないので、これが普通なのか判断できかねますが。

名称ゆでうどん
商品名だしが染み込む天ぷら鍋うどん
価格¥380
原材料名ゼラチンつゆ(合わせだし(煮干いわし、さばのふし、かつお粉末、かつのふし、その他)、しょうゆかえし、その他)、ゆでうどんしょうゆたれ和え(小麦粉、小麦たん白、食塩、食用油脂、砂糖、しょうゆ、オイスターソース)、かき揚げ、(玉ねぎ、天ぷら粉、人参、その他)、ねぎ、加工でん粉、調味料(アミノ酸)、膨張剤、、V.C、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、クチナシ色素、クエン酸Na、pH調整剤、乳化剤、酢酸Na、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、えびを含む)
添付薬味赤唐辛子、ちんぴ、黒ごま、けしの実、山椒、あおさ、麻の実
内容量511g(めん160g)
消費期限約半日(商品購入が3月9日の午後1時頃で消費期限が3月12日の午前1時)
保存方法10℃以下で保存する
レンジ加熱目安500w:5分30秒、700w:3分50秒、1000w:2分50秒、1500w:1分50秒
製造者(株)ニッセーデリカ湘南工場 神奈川県足柄上群中井町境818 TEL:0120-825-711
栄養成分表示
熱量512kcal
たんぱく質18.4g
脂質15.3g
炭水化物75.1g
ナトリウム2.0g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくだしが染み込む天ぷら鍋うどんです。

ひっくり返すとカロリーや原材料名などの詳細が載っています。消費期限や保存方法について表側のシールに載っています。ちなみに、温める前であればひっくり返したくらいでうどんのスープが溢れ出してくるようなことは絶対にありません。

このうどんには七味唐辛子が付いてきますよ。

早速温めていきます。

1000wだと2分50秒温めれば良いみたいです。

こちらが温め後の写真です。温める前と違いフタを開けなくてもうどんのスープが見えていますね。温めることによって固体から液体へと変化した証拠です。

フタを開けてみました。実際に食べなくても、天ぷらがしっかりとうどんのスープに染み込んでいるのが分かりますよね。

ということで実際に食べてみましたよ。

温める前は本当にダシが染み込んでいるのかな?と心配だったのですが、温めると固体だったスープが液体になってそれに天ぷらが染み込んでいくんですよね。結果としてとても食べやすい天ぷらに変化していきます。

食べ応えこそはありませんが、食べやすさはこれ以上にないくらいなんです。スープも天ぷらもうどんも前提気にバランスよく美味しくてとても満足のいくものでした。

個人的にセブンイレブンは、ラーメン系(中華麺野菜盛タンメンとか、ちぢれ麺濃厚味噌ラーメンとか、野菜を食べるちゃんぽんとか)になると途端にハズレが多くなるので、こういったうどんのお弁当を選択するのも1つの手かなと思っています。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

元が甘めの醤油ダシを使っているからか分かりませんが、七味唐辛子を全てふりかけても特に辛すぎるといったことはありません。カラムーチョぐらいの辛さがちょうど良い私でも全てかけても辛いとは全く感じなかったので、相当辛いものが苦手じゃない限りは、初めから全てかけた方が良いかもしれません。

また、温める前は全く分からなかったのですが、実際に温めて食べて見ると天ぷらがよくスープに染み込んで食べやすくなっているのが分かりました。私はスープが染み込んだ天ぷらも好きなので全然ウェルカムなのですが、逆に染み込んでいないカリカリっとした食感の天ぷらが好きだ!という人には合わないかもしれません。

温めたらどうしても染み込んでしまいますからね。どうしても避けたい。という場合は温める前に一度天ぷらを取り出せば良いのですが、正直これは面倒ですし、店頭で温めてもらうとしたらこんな荒業は出来ませんからね。

何にしても、ラーメン系のお弁当に比べると400円弱と安価で購入しやすいのが嬉しいです!だからと言って量が少ないとかそういう訳ではないですし。

セブンイレブンの
お弁当ランキングに戻る