セブンイレブンのお弁当!銀座デリー監修 タンドリーチキン風カレーのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している銀座デリー監修 タンドリーチキン風カレーです。他にも銀座デリーが監修している商品でバターチキンカレードリアというものがあり、こちらは以前紹介したことがあります。チキン1つ1つがとても大きく歯応えがあり、味も満足のいくものでした。それだけに今回のお弁当も期待したいところです。

銀座デリー監修 タンドリーチキン風カレーの詳細

まず最初に、銀座デリー監修 タンドリーチキン風カレーのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名銀座デリー監修タンドリーチキン風カレー
価格¥498
原材料名御飯(国産米使用)、カレーソース(発酵乳、裏ごしトマト、ソテーオニオン、カレーペースト、植物油脂、チキンオイル、
ラード、その他)、カレー風味グリルチキン、クリームソース、パセリ、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工澱粉)、加工澱粉、pH調整剤、グリシン、パプリカ色素、酸味料、乳化剤、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、大豆、牛肉、鶏肉、ゼラチンを含む)
消費期限約2日(商品購入が8月1日の午前4時頃で消費期限が8月3日の午前3時)
保存方法10℃以下で保存する
レンジ加熱目安500w:3分30秒、1500w:1分10秒
製造者フジフーズ(株)千葉工場 千葉県習志野市東習志野6丁目22番1号 TEL:0120-656-578
栄養成分表示
熱量606kcal
たんぱく質20.3g
脂質15.4g
炭水化物96.8g
ナトリウム1.4g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく銀座デリー監修 タンドリーチキン風カレーです。

裏側には、原材料名やカロリーなどの詳細が載っていました。

こちらのお弁当は冷たいままでは食べることが出来ないので、上の写真のようにレンジで温めてから食べていくことになります。レンジが家にないよ!って人は、あらかじめ店頭で温めてもらってから食べるようにしましょう。

出力設定が出来るレンジなら500wに切り替えてから、時間を3分30秒にセットし温めていきます。

こちらが温め後の写真です。固体だったカレーのルーがどろどろとした液体状に変化しました。

温め終わったら、フィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。お弁当の容器はセパレート式になっていて、上の段にルーやチキン。下の段に白ご飯が乗っています。

上の写真のようにルーとチキンを白ご飯にかけていきます。

ということで実際に食べてみましたが、バターチキンカレーのようなまろやかでちょっぴり甘いカレーでしたね。スパイシーさは全くと言っていいほどありませんでしたが、クリームソースの甘さがよくお口に馴染んでくれました。大きなサイズのチキンが大好きで、あまり辛いカレーが得意ではない。という人におすすめしたいお弁当でしたね。

チキンが沢山入っている割にはカロリーは600程度と特別高いものではありませんし、気軽に食べれるカレーだと思いますよ。また、恐らく時期を限定して販売しているお弁当だと思うので、店頭で見かけたら一度手に取ってみることをおすすめします。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

見た目や香りを嗅いだ時から何となく予想はしていたのですが、スパイシーというよりはバターチキンカレーに近い味でしたね。クリームソースの甘さやまろやかさが強調されているように感じましたよ。ピリピリとした辛さはあまりなく、一般的な中辛や辛口のカレーが食べれない人でも問題なく食べれるカレーなんじゃないかな?と思いました。

とにかく幅広い人が食べやすいカレーになっているんですよね。ただし、甘みがあるためにカレーに辛さを重視する人には少し物足りないな。と感じると思います。そういう人でも美味しく食べれるとは思いますが、一般的なカレーのお弁当も買える状況であれば、あまりおすすめはしません。チキンが大好き!とかなら話は別なんですけどね。

セブンイレブンの
お弁当ランキングに戻る