セブンイレブンの冷凍食品!すみれ札幌のチャーハンのカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売しているすみれ札幌のチャーハンです。一口食べただけで格の違いを見せつけてくれる炒飯でした(笑)金銭的に余裕があれば、冷凍炒飯はこれが一番おすすめかも。詳細はこのまま読み進めてみてくださいね。

すみれ札幌のチャーハンの詳細

名称 チャーハン
商品名 すみれ札幌のチャーハン
価格 ¥267
原材料名 米(国産)、加工液卵(鶏卵)、発酵調味液(発酵調味料、酒精、でん粉、食塩)、焼豚(豚肉、しょうゆ、砂糖、酒)、しょうゆ、グリンピース、食塩、でん粉、ラード、ショートニング、中華調味料、香辛料、酵母エキスパウダー、しょうゆ加工品、いため油(なたね油)/調味料(アミノ酸等)、カロチノイド色素、酸味料、(一部に卵、乳成分、小麦、ごま、大豆、鶏肉、豚肉を含む)
賞味期限 約11か月(商品購入が7月21日の午前4時頃で賞味期限が翌年の6月14日)
内容量 300g
レンジ加熱目安 500W:5分30秒、600W:4分40秒
保存方法 ‐18℃以下で保存する
製造者 株式会社ニチレイフーズ 東京都中央区築地6-19-20 TEL:0120-69-2101
栄養成分表示
熱量 651kcal
たんぱく質 18.3g
脂質 24.6g
炭水化物 89.1g
食塩相当量 4.0g

商品の開封まで

こちらが今回紹介していくすみれ札幌のチャーハンです。

裏側には、原材料名、保存方法、賞味期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引いて袋を開封していきます。袋を開封したら少し大きめのお皿に中に入っている炒飯を乗せていきます。ちなみに、お皿を使わなくても、袋に穴を空けてそのままレンジに乗せて温めることもできますよ。

炒飯をお皿に乗せたら、必ずラップをしていきます。ラップをしなくても大丈夫な冷凍食品も沢山ありますが、この商品はラップ必須でした。

温めるとこんな感じ。

ラップを外すとこんな感じ。温める時に平らにしてからラップをかけたのでふっくらした感じはありませんが、そこはしょうがないですね。

見た目からも安っぽさが全く感じられない見事な炒飯でした。

食べてみた感想

美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

すみれのネーミングだけに頼った粗悪な商品ではなく、味や食感も伴っているとても質の高い冷凍炒飯でしたよ。他の冷凍炒飯だけでなく、お弁当の炒飯などと比べても違いは歴然ですね。一口食べただけで味の奥深さが感じられるものでした。

じゅわーっとした美味しい味がお口の中に広がっていきます。

まさに、中華料理店で出てくる出来立ての炒飯レベルなので、本格的な炒飯を手軽に食べたい。という人なら、これ以上の商品はないんじゃないかなと思いましたよ。

また、炒飯にかかせない豚肉も沢山入っていて、しっかりと食べ応えのある食感も楽しめましたね。安価な冷凍炒飯だと、豚肉の数が少なかったり、小さかったりして満足のいかないことが多々ありますが、このすみれの炒飯ならその心配はありませんね。

セブンイレブンの冷凍食品をもっと見る

こちらの記事もどうぞ

全て実食済み!ローソンの冷凍食品のおすすめランキングを紹介します。カロリーと賞味期限もまとめました。 全て実食済み!ファミリーマートの冷凍食品のおすすめランキングを紹介します。カロリーと賞味期限もまとめました。