セブンイレブンのお弁当!炭火焼牛たん重(麦飯)のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している炭火焼牛たん重(麦飯)です。販売していると言いましたが、実はこのお弁当は基本的には予約限定のものっぽいです。

私は運が良かったのか、店頭に並んでいるところをたまたま見かけましたが、他の店舗では見かけませんでした。珍しいものだと思ったのでついつい購入してしまった訳です。

また、予約限定のお弁当ということもあり、価格も一般的なお弁当より割高で698円します。セブンイレブンのお弁当は安くて300円台で高くても500円台ですからね。

炭火焼牛たん重(麦飯)の詳細

まず最初に、炭火焼牛たん重(麦飯)のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名炭火焼牛たん重(麦飯)
価格¥698
原材料名麦飯(国産米使用)、味付き牛たん焼き、柚子胡椒入り野菜炒め(キャベツ、玉ねぎ、にんにくの芽、ぶなしめじ、竹の子、人参、きくらげ、その他)、青唐辛子味噌(味噌、漬物、砂糖、青唐辛子、その他)、ねぎ塩たれ、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、酸味料、増粘剤(加工澱粉)、加工澱粉、リン酸塩(Na)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、香料、(原材料の一部に卵、小麦、鶏肉、豚肉、りんご、ゼラチン、ごまを含む)
消費期限約半日(商品購入が4月26日の午後5時頃で消費期限が4月27日の午前3時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:1分30秒、1500w:0分30秒
製造者(株)武蔵野 神奈川工場 神奈川県厚木市酒井1400-1 TEL:0120-656-578
栄養成分表示
熱量463kcal
たんぱく質16.8g
脂質14.3g
炭水化物67.0g
ナトリウム948mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく炭火焼牛たん重(麦飯)です。セブンイレブンのお弁当としては珍しく値段のシールが貼ってありますね。そして透明にはご予約の文字が確認出来ます。なぜ、予約の商品なのに店頭に置いてあったのかいまだに謎です。

では早速温めていきますね。

500wで1分30秒。1500wで30秒なので、私が使用している1000wの電子レンジであれば1分程度で良いでしょう。温めているとバチバチと油が跳ねるような音がしました。

こちらが温め後の写真です。お肉のあぶらみが少し増した気がしますね。ツヤツヤしてます。

温めたらOPENの部分から透明の帯を外してフタを開けていきます。

ということで実際に食べてみました。

私が普段安いお肉で食べ慣れているせいか今回食べた厚みのあるお肉には少し違和感を感じてしまいました。ただ、高いお肉を使っているんだろうな。ということはしっかり伝わってきましたよ。430円で販売している炭火焼牛たん丼とは全くの別物です。

恐らく予約限定のお弁当なので、店頭ではほとんど見かける機会がないと思いますが、コンビニのお弁当でも量より質を重視する!という人は是非購入してみてください。

お肉の印象が強すぎて忘れてしまいがちですが、おかずの青唐辛子味噌や柚子胡椒入り野菜炒めもとても美味しかったです。柚子胡椒入り野菜炒めは、青唐辛子味噌で味付けして食べるとより美味しく食べれると思いました。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

基本的には以前紹介した炭火焼牛たん丼(麦飯)とほとんど同じです。と言いたいところなのですが、見た目こそ似ていますが、お肉からして違いましたね。

以前食べた牛たんは、少し薄めで歯応えのないものでしたが、こちらは厚みのあるものでお肉の味も深みがありました。表現が難しいですが、違う日に食べ比べてもすぐに分かってしまうくらい全然違いましたよ。

また、もやし人参にら炒めが入っていない代わりに竹の子や柚子胡椒入り野菜炒めなど別の具材が入っていました。丼が重になっただけで量は同じくらいですが、お肉の質とおかずの充実さでいったらこちらのお弁当の方が格上でしたね。

それもそのはずで、今回紹介した炭火焼牛たん重(麦飯) は698円。以前紹介した炭火焼牛たん丼(麦飯)は430円で270円近く開きがありますからね。

むしろ格上でいてもらわないと困ります。

※後日炭火焼牛たん丼(麦飯)をもう一度食べてみたらお肉食感があまり変わらない気もしてきました。一緒に食べ比べしないと分からないですねこれは。

セブンイレブンの
お弁当ランキングに戻る