ローソンのおにぎり!新コシ極 神戸牛すき焼きのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売している新コシ極 神戸牛すき焼きのおにぎりです。こちらの商品は10月の下旬、つまり最近登場したばかりの商品ですが、期間限定の商品なので、ぼやぼやしていると気付いた時には店頭から消えてしまっているかもしれません。

少し高めのおにぎりなのですが、消えてしまったら二度と食べれなくなってしまう可能性が高いので、気になったら思い切って手を出してみることをおすすめします!

新コシ極 神戸牛すき焼きの詳細

名称おにぎり
商品名新コシ極 神戸牛すき焼き
価格¥298
原材料名ご飯、牛焼肉醤油たれ和え、海苔、塩、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、酢酸Na、酒精、糊料(加工澱粉、キサンタン、セルロース)、加工澱粉、甘味料(ステビア)、炭酸Mg、(原材料の一部に小麦、卵、乳、牛肉を含む)
約半日(商品購入が10月31日の12時頃で消費期限が10月31日の午後11時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:0分10秒、1500w:0分30秒
製造者日本クッカリー(株)厚木工場 神奈川県厚木市上依知3023 TEL:0120-865-513
栄養成分表示
熱量270kcal
たんぱく質4.3g
脂質7.3g
炭水化物46.7g
ナトリウム470mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく新コシ極 神戸牛すき焼きです。冒頭でもちょろっとお話しましたが、こちらは新発売のおにぎりですね。

袋の裏側には、原材料名、保存方法、消費期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、切り口の部分から袋を開封しておにぎりを取り出していきます。ただ、こちらのおにぎりは温めるとより美味しくなる。ということなので、家にレンジがある場合は、絶対に温めてから食べた方が良いと思います!

私も今回は温めてから食べていきたいと思います。

温める場合は、出力を500w、時間を10秒に設定してあたためスタートですね。10秒だとアツアツにはならないので、アツアツが好みの場合は+10秒くらいが目安になるかと。

海苔は最初から巻かれているタイプですね。

横から見ると少し牛すき焼きのタレがはみ出しているのが分かります。ご飯にもタレが染み込んでいるので、お肉を先に食べてしまっても問題なさそうです。

ということで実際に食べてみました。

高いけど、高いってことはそれなりの理由があるんあろうな。と食べる前から期待していましたが、見事にその期待に応えてくれるおにぎりだったので買った甲斐がありました。

海苔はパリパリッとした食感が楽しめるものではありませんが、変にジメジメとしているものでもなく、食べやすい海苔でした。

この他にも、適度に歯応えのあるご飯、ほんのりとしたしょっぱさの塩、メインの甘いタレで味付けされた神戸牛すき焼きと、どこを取っても全く隙のないおにぎりで、あまりのクオリティの高さにビックリしてしまいました。

ここまで安いおにぎりとの差が感じられるとは思っていなかったので、良い値段のするおにぎりですが、もう一度食べてみたいな。と思わせてくれましたよ。

最後に

このおにぎりの評価
美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(4.0)

まずご飯からして凄く美味しかったです。良いお米を使っているのか、調理する際に手間暇をかけているのか、その辺りは分かりませんが、とにかく100~150円程度で販売しているおにぎりのご飯とはレベルが全然違いますね!

ご飯がしっかりしているというか、ご飯なのに食べ応えがある感じでした。後、ほんのりとした塩のしょっぱさが感じられるのも良かったですね。

これに甘い味で味付けされた神戸牛すき焼きが加わり、本当にお世辞なしで文句なしの美味しいおにぎりに仕上がっていましたよ。これだけ細部まで拘り抜いたおにぎりであれば298円という価格設定にも納得がいきますね。

普段あまりコンビニのおにぎりを食べない人からしたら、なんでこんなに高いんだ。と思うかもしれませんが、100~150円程度の安めのおにぎりを頻繁に食べている人ならその違いがハッキリと分かるはずです!

ただ、やはりおにぎりに298円を出す人はなかなかいないかもしれませんね。値段相応の商品ですが、食べたことがない人からすれば高いおにぎりにしか見えませんし。

ローソンのおにぎり
おすすめランキングに戻る