セブンイレブンのおにぎり!こんがり焼いた焼おにぎりのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売されているこんがり焼いた焼おにぎりです。

焼きおにぎりはおにぎりの定番ということで、私も冷凍の焼きおにぎりを毎日のように食べていた時期がありました。今ではあまり食べる機会がなくなってしまいましたが、今でも当時と変わらず大好物の食べ物の1つですね。

こんがり焼いた焼おにぎりの詳細

まず最初に、こんがり焼いた焼おにぎりのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称おにぎり
商品名こんがり焼いた焼おにぎり 追い鰹醤油仕立て
価格¥110
原材料名うるち米(国産)、醤油たれ、もち米(国産)、調味酢、だし用削り節、植物油脂、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、(原材料の一部に小麦を含む)
消費期限約半日(商品購入が4月2日の午後5時頃で消費期限が4月3日の午後6時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:0分30秒、1500w:0分10秒
製造者(株)武蔵野 神奈川工場 神奈川県相模原市酒井1400-1 TEL:0120-656-578
栄養成分表示
熱量181kcal
たんぱく質3.8g
脂質0.5g
炭水化物40.2g
ナトリウム569mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくこんがり焼いた焼おにぎりです。温めることでさらに美味しく食べれるおにぎりですよ。

裏側には消費期限、保存方法、原材料名、カロリーなどの詳細が載っています。

この焼きおにぎりは海苔が付いていないタイプなので切り口の部分を下に引くだけでおにぎりを取り出すことが出来ます。

今回は温めてから食べることにしました。500wで30秒。1500wで10秒なので、私が使用している1000wの電子レンジであれば20秒程度ですね。

ということで実際に食べてみました。

といってもごくごく普通の焼きおにぎりですね。ヒゲタ本膳の醤油ダレを使用しているといっても、ド素人の私からしたら普通のお醤油との味の違いが分からないです。なんか拘って作った焼きおにぎりなんだろうなとしか理解出来ませんね。

お米はもちもちとしており、おにぎり自体の厚みもありました。ボリューム、味、食感は全てバランスが取れていていましたが、逆に無難な焼きおにぎりだな。

という印象でしたね。美味しいことには美味しいですが、わざわざセブンイレブンで焼きおにぎりを買うことは今後ないかもです、、

最後に

このおにぎりの評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

もちもちしたお米が魅力的な焼きおにぎりでした。

こんがり焼いたというキャッチコピーだったので、カリカリに焦げた部分があるのか少し期待してしまいましたが、カリカリっとした部分はどこにも見当たりませんでした。それ以外は満足出来るクオリティでしたよ。

セブンイレブンのおにぎりの
おすすめランキングに戻る