セブンイレブンの冷凍食品!極上炒飯のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している極上炒飯です。炒飯系の冷凍食品はセブンでは多く販売されていますけど、今回のは極上という点に注目したいですね。ただの炒飯ではない味のこだわりがあることを期待したいところです。

極上炒飯の詳細

まず最初に、極上炒飯のカロリーや賞味期限などについてまとめておきますね。

名称 チャーハン
商品名 極上炒飯
価格 ¥300
原材料名 米(国産)、鶏肉、チャーシュー(豚肉、しょうゆ、発酵調味料、砂糖、野菜(ねぎ、にんにく、しょうが)、植物油脂、はちみつ、食塩、香辛料)、ねぎ、しょうゆ、中華風調味料、XO醤、加工油脂、香味油(植物油脂、ラード、乾燥ねぎ)、老酒、チキンブイヨン、ほたて貝エキス、食塩、オイスターソース、香辛料、酵母エキスパウダー、いため油(香味油(なたね油、ラード、乾燥ねぎ))/調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド、カラメル)、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、(一部にえび、小麦、卵、乳成分、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチンを含む)
賞味期限 約11か月(商品購入が7月21日の午前4時頃で賞味期限が翌年の6月7日)
内容量 300g
レンジ加熱目安 500W:4分40秒、600W:4分00秒
保存方法 ‐18℃以下で保存する
販売者 株式会社ニチレイフーズ 東京都中央区築地6-19-20 TEL:0120-69-2101
製造者 株式会社キューレイ 第二工場 福岡県宗像市光岡623-1
栄養成分表示
熱量 578kcal
たんぱく質 15.0g
脂質 18.6g
炭水化物 87.9g
食塩相当量 3.6g

開封と食べてみた感想

こちらが今回紹介していく極上炒飯です。

裏側には、原材料名、保存方法、賞味期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引くか、横に広げて開封していきましょう。ちなみに、この商品は電子レンジを使用して温めてから食べていくことになります。なので、レンジがない場合は購入の選択肢から外した方が良いでしょう。

袋から炒飯をお皿の上に乗せていきます。温める前はかなりボリュームがあるように感じますが、温めるとこれの半分の見た目に凝縮されます。

温める前に必ずラップをかけていきましょう。ラップをしないことを推奨している商品もありますが、この炒飯はラップ必須ですね。

ラップをしたらレンジに炒飯を盛りつけたお皿を乗せていきます。

出力設定がある電子レンジを使っている場合は、600wに切り替えてから時間を4分に設定してあたためていきましょう。

温めると温める前に比べて見た目がぺったんこになったのが分かると思います。意外とラップの上からであればお皿に触れても問題ありませんでした。

食べる時は当然ですがラップを外していきます。卵、豚肉、ねぎ、ご飯と炒飯らしい色合いになっててとても美味しそうにでき上がりましたね。

ということで実際に食べてみました。

語彙力がなくてうまく表現できないのが悔しいのですが、とにかく冷凍の炒飯だと思って食べるとビックリすると思います。期待しすぎるものあれですが、どうせ冷凍食品だからな。と甘く見ない方が良いですね。良い意味で痛い目をみます。

何と言っても、レンジで温めてラップを外した時に感じるこんがりとした美味しい炒飯の香りが食欲をそそりますね。

この香りだけでご飯一杯はいけるんじゃないかと思ってしまうくらい。300円しますが、それでもお弁当の炒飯より安く済みますので、家に炒飯を盛るお皿と電子レンジがある人は、お弁当の炒飯ではなくこちらの冷凍炒飯をおすすめしますよ。

この商品の評価

美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

レンジで温めてラップを外した瞬間に感じた、こんがりとした炒飯の美味しそうな香りは今でも忘れることができません。温めただけでここまで美味しい香りが伝わってくるものなのかと。最近の冷凍食品の進化を感じずにはいられませんでしたね。

ねぎ、たまご、お肉と炒飯に必要不可欠な具もたっぷり入っているため、見た目の彩りも実際の味や食感もとても満足感の得られるものでした。

300円と冷凍食品としてはちょいとお値段が張ってしまいますが、その分の量が多めですし、クオリティも安価なものとは別次元のものなので、買う価値は十分あると思います。

ちなみに、味は最初からしっかりしているので、胡椒などで味を加える必要はないと思ってます。よほど濃いめの味が好きな人なら食べてみてからその都度調整ですね。

セブンの
冷凍食品ランキングに戻る