全150種類以上!セブンイレブンのスイーツのおすすめランキングを紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個以上のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

この記事では、私が実際に食べたセブンイレブンのスイーツをランキング形式で紹介していきます。線引きが非常に難しく今後対象が変わる可能性もありますが、基本的にはセブンイレブンのスイーツコーナーに置いてあるものだけを対象にしています。

また、数がとても多くなってきたため、季節ごとにページ訳しています。自分が購入した日が基準となっているため、参考になると思います。

ランキングは低いものから順に紹介していきますね。

とろける濃厚杏仁

ぷるぷるっとした柔らかくて滑らかな質感はとても良かったんですが、杏仁の風味がどうしても好きになれないです。これは私個人の問題なので、杏仁の風味が好きな人であれば、美味しく食べれると思います。

カスタードプリン

コンビニやスーパーで安く販売されているプリンと味も食感も大差ありませんでした。1つ200円のプリンなので過度な期待をしてしまったのがいけなかったのか、、

もう食べることはないでしょう。美味しいことには美味しいんですけど、わざわざこの値段で食べるものではないんですよね。辛辣になってしまいましたが素直に思ったことです。

京風きなこのわらび餅

京風というネーミングの通り和を象徴するスイーツに仕上がっていましたよ。

言うまでもなくきな粉と黒蜜の相性は抜群で、きな粉が黒蜜の甘い味を引き締めることにより、メリハリのある味になっていましたね。値段が安くカロリーも控えめなので、気軽に食べれるスイーツのランキングを作ったらナンバー1になるかもしれません。

ダブルクリームのセブンシュー

とても美味しかったです!!

ただ、THEセブンシューと差別化が出来ていないため、あまり魅力は感じなかったです。これで10円高くなるくらいなら、私はTHEセブンシューを選択しますね。チョコとか抹茶とかもっと別の味を出した方が需要があるんじゃないかなと。

ふわふわ生地となめらかクリームワッフル

驚くべき美味しさのワッフルでした。ふわふわとした生地というよりは、とても柔らかくお口の中に入れた瞬間に自然と溶けていくような感じでした。カスタードクリームも程よい甘さでいくつ食べても飽きない安定した味になっていましたよ。

THEセブンシュー

THEセブンから始まる商品にハズレがない法則は今回も適用されたみたいです。生クリームの甘さはもちろんのこと、何と言っても圧倒的な量に対してしっかり質も伴っているのが素晴らしいと思いました。外側の生地はとても柔らかくサクサクッとした食感はありませんので、生地にしっかりとした食感を求めている方にはおすすめ出来ません。

みかんの牛乳寒天

定番のホイップやチョコ系のスイーツみたくとにかく甘い味が楽しめるものではなく、甘いけどあっさりとした味が楽しめるスイーツでしたね。見た目はどちらかというと地味ですが、何度リピートしても飽きない安定感があると食べていて思いました。

とろける濃厚ティラミス

マスカルポーネの甘さと口溶けの良さが絶妙ですね。苦みも嫌味がなく、後味が比較的さっぱりしていたのが魅力に感じました。

ティラミスならこれを買っておけば間違いないです。

窯焼きとろ生カスタードプリン

他のコンビニで販売しているプリンを圧倒する存在ですね。少なくとも同じ価格帯でこのプリンに太刀打ちできる商品はなかなかないと思います。パティシエの声から生まれた卵であるエグロワイヤルも使用しているのでコクが素晴らしいのです。

しっとりバウムクーヘン

生地のしっとり感、卵の優しい風味、砂糖の適度な甘さがとても癖になるバウムクーヘンでした。1人でも無理なく食べれるサイズで1つ食べ終わった後もすぐにまた1つ追加で食べたくなってしまう不思議な魅力があるなと思いました(笑)

カスタードエクレア

これは最高のエクレアです!周りのチョコレートはカリカリッとした食感が楽しめて、カカオの風味もしっかり感じ取れますし、中に入っているカスタードの量ととろみは素晴らしいの一言ですね。他のコンビニのエクレアを圧倒しています!

北海道クリームのふんわりロールケーキ

ネーミングにあるこだわり卵はエグロワイヤルのことですね。エグロワイヤルはパティシエの声から生まれた卵のことで、このロールケーキに入っているカスタードクリームは全てエグロワイヤルが使用されているとのことです。