セブンイレブンの冷凍食品!三元豚のロースかつ煮のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している三元豚のロースかつ煮です。セブン&アイグループと味の素冷凍食品株式会社が共同開発した商品ですね。味の素と言えば、国内だけにとどまらず世界的にも有名な食品関係の会社としてよく知られていますよね。味の素と聞いて、え?それなに?となる人はまずいないと思います。

三元豚のロースかつ煮の詳細

まず最初に、三元豚のロースかつ煮のカロリーや賞味期限などについてまとめておきますね。

名称かつ煮
商品名三元豚のロースかつ煮
価格¥397
原材料名かつ(豚肉、粉末状大豆たん白、砂糖、卵白粉、でん粉、食塩、香辛料、衣(トマトパン粉、植物油脂、小麦粉、でん粉、卵白粉、粉末状大豆たん白)、揚げ油(大豆油))、卵白、たまねぎ、全卵、しょうゆ、砂糖、還元水あめ、ゼラチン、ポークエキス、みりん、風味調味料(かつお)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸Na)、カロチン色素(その他、乳成分由来原材料を含む)
賞味期限約11か月(商品購入が7月25日の午前4時頃で賞味期限が翌年の6月3日)
レンジ加熱目安500w:4分30秒、600w:4分00秒
内容量210g
保存方法‐18℃以下で保存する
原産国タイ
輸入者味の素冷凍食品株式会社 東京都中央区銀座7の14の13 TEL:0120-303-010
栄養成分表示
熱量314kcal
たんぱく質22g
脂質10g
炭水化物34g
ナトリウム788mg
食塩相当量2.0g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく三元豚のロースかつ煮です。

裏側には、原材料名、保存方法、賞味期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引くか、横に広げて袋を開封していきます。

中に入っているロースかつが乗っているトレイはフタが付いていないため、温める際は必ずラップをかけていきます。

では早速温めていきますね。

出力設定が可能なレンジなら600wに設定してから時間を4分に合わせて温めていきます。

こちらが温め後の写真です。このまま食べても良いのですが、トレイが味気なさすぎるのでちゃんとしたお皿に移していきたいと思います。

これならさまに見えますよね!

近くからみるとこんな感じ。ロースかつは一切れ一切れ分かれているので、包丁などで切る手間はありません。

ということで実際に食べてみました。

お口の中に入れた瞬間にまるでとろけてしまうような柔らかい。という一言では言い表せないほど上質なロースかつに驚きを隠せませんでした。このロースかつを一度体験してしまったら、コンビニで販売しているロースかつ弁当は食べれなくなってしまうかも。

手作りのロースかつならまだしもレンジで温めるだけで食べれるロースかつですからね。あっさりとしたしょうゆ味のだしもとても美味しいですし、たまごや玉ねぎも言わずもがな柔らかくて食べやすかったです。野菜が嫌いな人でも問題なしですよ。

最後に

この冷凍食品の評価
美味しさ
(4.5)
満足度
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(4.5)

これはそこらのファミレスで出てくるロースかつのレベルではありませんね。味の素の商品ということで多少期待してはいましたがまさか温めるだけでここまで美味しいロースかつが出来上がるとは思いもしませんでしたよ。

とにかく柔らかさが凄いことになってます。卵や玉ねぎが柔らかいのはもう当然と言わんばかりに、ロースかつもとろけるような食感でした。良い意味でお肉を食べているような感覚にはならないですね。高級な食べものを口にしている気分になれました。

そして、このかつにあっさりとしたしょうゆだしがたっぷりと染み込んでいるので衣の隅まで隙がなく、どこを食べても満足した気分になれましたよ。

味や食感に関しては一切文句はないのですが、作る時の手間がちょっとな。と思いました。ラップをかける手間がなくなり、そのままロースかつの入っているトレイをレンジに突っ込んで温めるだけで作れたらもっと良かったかな。と。

セブンイレブンの
冷凍食品ランキングに戻る