ローソンのスイーツ!小倉クリームの生どら焼のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売している小倉クリームの生どら焼です。株式会社モンテールとローソンが共同開発した商品ですね。株式会社モンテールと言えば、シュークリーム、エクレア、ロールケーキなどを製造していることで知られていますよ。今回紹介する商品に似ているふんわりどら焼どいう商品も販売していました。

小倉クリームの生どら焼の詳細

まず最初に、小倉クリームの生どら焼のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称洋生菓子
商品名小倉クリーム 生どら焼 北海道産小豆使用
価格¥150
原材料名卵、小麦粉、氷砂糖、小豆、砂糖、ホイップクリーム、蜂蜜、生クリーム、水飴、みりん、やまいも、食塩、トレハロース、膨張剤、乳化剤、香料、(その他大豆由来の原材料を含む)
賞味期限約2日(商品購入が5月7日の午前5時頃で消費期限が5月9日)
保存方法10℃以下で保存する
製造者株式会社モンテール 〒121-0815 東京都足立区島根4-23-22 TEL:0120-46-8823
栄養成分表示
熱量257kcal
たんぱく質6.0g
脂質5.9g
糖質43.6g
食物繊維3.0g
ナトリウム148mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく小倉クリームの生どら焼です。小倉クリームですが、北海道産の小豆が使用されているとのこと。しっかり拘りを見せつけていますね。

裏側には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っています。

袋はギザギザの部分から縦に引くか、横に広げて開封していきましょう。

どら焼を取り出してみました。どら焼の生地の厚みはもちろんのこと、小倉クリームの量が凄まじいことになっているのが伝わると思います。

ということで実際に食べてみました。

常温で食べるどら焼きとは違い、生地がとてもしっとりとしていたので、とても食べやすかったですし、味だけでなく食感も楽しむことが出来ましたよ。

さらに、中には甘い小倉クリームがギッシリと詰まっていますので、甘いもの好きの人にはたまらないと思いますね。ホイップクリームともカスタードクリームとも違う、落ち着きのある甘さが美味しくて全く飽きがこないです。

ただし、ボリュームがあるので飽きる前にお腹一杯になってしまうかも。それと、味や食感には全く関係ないのですが、手に持って食べると必ずベタベタしてしまいますので、出来れば袋から出さずに食べた方が良いでしょう。

最後に

このスイーツの評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

どら焼に小倉クリームが挟んであるだけの良くも悪くもシンプルなスイーツでした。今やどら焼と小倉クリームは定番の組み合わせなので目新しさは何もないですが、やっぱりこの2つの相性はピッタリだなと再確認出来た瞬間でした。

というより、どら焼きは大抵のものが合う気がします。カスタードクリームでもホイップクリームでも、ローソンではなくセブンイレブンの商品になりますが、プリンが挟んであるどら焼もありましたし、その全てが美味しかったですからね。

それと、個人的にはどら焼きは、常温ではなく冷やしてから食べるスイーツのどら焼きの方が好みですね。冷えている方がしっとりとした食感の生地になるので、どら焼きの美味しさが100%引き出される気がするんです。

ローソンのスイーツ
おすすめランキングに戻る