ミニストップのお弁当!うなぎ蒲焼重のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ミニストップで販売しているうなぎ蒲焼重です。

土用の丑の日にうなぎを食べることが習慣になっている人が多く、それに関連してミニストップもうなぎのお弁当を販売している。という訳です。

近い日にちだと7月20日と8月1日になりますが、あくまでこれは2018年でのこと。毎年土用の丑の日は異なりますので、間違えないように注意してくださいね。

また、既にお察しの方もいると思いますが、うなぎのお弁当ということで安価なものではありません。コンビニ弁当としては驚きのお値段で、なんと1,280円もしますので、なかなか手が出せないかもしれませんね。私からしても手痛い大きな出費です(笑)

うなぎ蒲焼重の詳細

まず最初に、うなぎ蒲焼重のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名うなぎ蒲焼重
価格¥1,280
原材料名ご飯(国産米)、うなぎ蒲焼、醤油たれ、大根味噌漬、醤油たれ添付、山椒添付、(その他小麦、さば由来原材料を含む)、ソルビット、着色料(カラメル、クチナシ、紅麹)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸Na、酒精、甘味料(ステビア、カンゾウ)、酸味料、酸化防止剤(V.C)、pH調整剤、グリシン
消費期限約半日(商品購入が7月8日の午前4時頃で消費期限が7月8日の午後3時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:1分45秒、1900w:0分30秒
製造者(株)日本デリカフレッシュ 富士宮工場 静岡県富士宮市大中里字西山1961-7 TEL:0120-65-2004
栄養成分表示
熱量737kcal
たんぱく質24.8g
脂質27.0g
炭水化物98.7g
ナトリウム970mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくうなぎ蒲焼重です。

表面に貼ってあるシールには、カロリーやたんぱく質などの数値が載っていますね。

反対側に貼ってあるシールには、原材料名や消費期限などの詳細が載っています。

レンジで温める際は、一緒に付いてくるうなぎの蒲焼のタレは必ず外しておきましょう。

では早速温めていきますね。

500wで1分45秒。1900wで30秒なので、私が使用している1000wの電子レンジだと1分くらいで良さそうですね。

温めても容器がほとんどあたたかくならないのでちょっと不安になりますが、問題ありません。

うなぎの蒲焼は大きめのものが2つ。小さめのものが1つ入っていました。近くから見ると本当に美味しそうに見えますよね。タレがたっぷり染み込んでいるのがよく分かります。

ということで実際に食べてみました。

これは500円やそこらのお弁当では体験することが出来ない味と食感ですね。うなぎの蒲焼が好きな人なら美味しい美味しいと満足してもらえると思います。私は特別うなぎの蒲焼は好きではなく、普段自分から食べようとは思わないですが、それでもこのお弁当は魅力的に思えましたし美味しく食べることが出来ましたからね。

とにかくうなぎがとても柔らかくしっかりとお口に馴染んでくれます。人によって少し小骨が気になるかもしれませんが、少なくとも私は気になりませんでした。そのまま食べても美味しいですが、一緒に付いてくるタレをかけると美味しさが増したり、山椒をかけると違う美味しさを楽しむことが出来たり、買って良かったな。と思えるものでしたよ。

ただ、やっぱりいくら美味しくてもコンビニ弁当と考えるとお値段は高いので、あんまり一般的ではないな。とは思いますね。コンビニ弁当にここまでお金を出すなら、うなぎの専門店に行くよ。って人が多くなってしまう気がします。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(2.5)
おすすめ度
(3.5)

流石に1000円を超えるお弁当だけのことはありますね。

コンビニ弁当のレベルではありませんねこれは。全く硬さを感じさせない柔らかく、しっかり味付けのされたうなぎの蒲焼きは絶品の一言です。

やっすい品質の悪いうなぎの蒲焼ってそれこそ、あまり言いたくないですが食べれたもんじゃないですからね。硬かったり骨が沢山入っていたりして。

このうなぎの蒲焼も確かに骨は入っていますが、本当に細かくて小さな骨ですし、そのまま皮ごと食べても問題なしです。ただ、以前食べたセブンイレブンのものよりは少し骨が多めに感じたので、気になる人は気になるかも、、しれません。

ちなみに一緒に付いてくるタレと調味料ですが、これはかけた方が絶対に美味しく食べれますね。山椒は好むによるところですが、少なくともタレは絶対にかけた方が良いです。かける前に比べて食べやすさが全然違いましたよ。

ミニストップの
お弁当ランキングに戻る