ミニストップのお弁当!香ばし炒め炒飯のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ミニストップで販売している香ばし炒め炒飯です。毎度のことながら、炒飯は量に対してカロリーが高くなりがちですね。私は炒飯を好物としていますが、調子に乗ってドカドカと食べていたらあっという間に太ってしまいそうです。ちなみに、このお弁当は温めずにそのまま食べることも出来ますよ。

香ばし炒め炒飯の詳細

まず最初に、香ばし炒め炒飯のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名香ばし炒め炒飯
価格¥398
原材料名炒飯(味飯(国産米)、炒り卵、豚脂、ねぎ、ハム、香味油、醤油たれ、食用加工油脂、食塩、黒胡麻、にんにく、砂糖)、焼豚(その他小麦、乳、オレンジ、ごま、鶏肉、りんご由来原材料を含む)、調味料(アミノ酸等)、酢酸(Na)、加工デンプン、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、pH調整剤、着色料(カラメル、カロチノイド、クチナシ)、乳化剤、トレハロース、香料、酒精、グリシン、リン酸塩(Na)、くん液、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.C、V.E)、発色剤(亜硝酸Na)
消費期限約1日(商品購入が7月8日の午前4時頃で消費期限が7月8日の午後3時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:1分45秒、1900w:0分30秒
製造者(株)日本デリカフレッシュ 富士宮工場 静岡県富士宮市大中里字西山1961-7 TEL:0120-65-2004
栄養成分表示
熱量664kcal
たんぱく質15.2g
脂質24.7g
炭水化物95.3g
ナトリウム2.3g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく香ばし炒め炒飯です。

裏側には、原材料名やカロリーなどの詳細が載っていました。

では早速温めていきますね。

500wで1分45秒。1900wで30秒なので、私が使用している1000wの電子レンジだとジャスト1分くらいでしょうかね。

こちらが温め後の写真です。特に見た目に変化はありませんが、底の部分がとても熱くなっていて手で持つことが出来ないくらいでした。温めすぎだったかもですね。

炒飯をドアップで撮ってみました。焼豚とハムが沢山入っているのが分かります。とても具材の充実している炒飯ですね!

ということで実際に食べてみました。

炒飯だけでおかずなのは何もないシンプルなお弁当ですが、その分炒飯にしっかり力が入っているのが伝わってきましたね。黒胡椒とにんにくの味がアクセントになって、いつまでも食べていたくなる軽い中毒性がありました。ポテトチップスとかもそうですけど、にんにくの味ってなぜか癖になりますよね。食べた後お口は臭くなりますけど(笑)

卵だけでなく、焼豚、ハムと炒飯には欠かせない具材もしっかり抑えてあるため、炒飯好きの人なら満足してもらえるんじゃないかな?と思いました。

炒飯はミニストップだけでなく、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートとどこでも販売していますけど、個人的にはミニストップの炒飯が一番好きかもです。一番自然な味ですし、変な癖もないのがミニストップの炒飯の強みかなと。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

良い感じの炒飯でしたね。炒飯には欠かせない黒胡椒とにんにくの味が癖になります。小さいですが、焼豚やハムも適度に入っていてシンプル過ぎないところも良いですね。

お弁当としては398円と安価なものなので、今日はちょっとお金を節約したいな。という時にはぴったりですね。もちろん炒飯が好きな人にはめっちゃおすすめですよ。ただ、冒頭でもお話した通り、炒飯はカロリーが見た目より高めであることが多く、この炒飯も600以上と軽食や間食レベルのものではないため、食べすぎには注意したいところです。

炒飯ってその美味しさから気軽に食べれてしまうので、ついつい食べすぎてしまうんですよね、、しっかり自分をコントロールしていかなきゃですね。

ミニストップの
お弁当ランキングに戻る