ミニストップのお弁当!こだわりのロース豚かつ弁当のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ミニストップで販売しているこだわりのロース豚かつ弁当です。手仕込みした厚切りのロース豚かつということで、お値段もそれなりで530円します。コンビニ弁当としては少し手が出しづらいかもしれませんが、ロース豚かつのお弁当と考えれば特別高いものではないかなと。お馴染みのブルドッグソースも付いてきますし。

こだわりのロース豚かつ弁当の詳細

まず最初に、こだわりのロース豚かつ弁当のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称弁当
商品名こだわりのロース豚かつ弁当
価格¥530
原材料名ご飯(国産米)、豚カツ、スパゲティ、野沢菜醤油漬、調味梅干、ごま、ごま入り濃厚ソース添付、練り辛子添付(その他小麦、卵、乳、オレンジ、りんご由来原材料を含む)、加工デンプン、酢酸(Na)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類、寒天)、乳化剤、酸味料、酒精、着色料(ウコン、野菜色素)、香料、V.B、V.C、イーストフード、クエン酸、グリシン、メタリン酸Na、甘味料(ステビア)、酵素、酸化ケイ素
消費期限約半日(商品購入が7月8日の午前4時頃で消費期限が7月8日の午後9時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:1分45秒、1900w:0分30秒
製造者(株)日本デリカフレッシュ 富士宮工場 静岡県富士宮市大中里字西山1961-7 TEL:0120-65-2004
栄養成分表示
熱量799kcal
たんぱく質31.4g
脂質33.6g
炭水化物92.8g
ナトリウム1.1g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくこだわりのロース豚かつ弁当です。

裏側には、原材料名やカロリーなどの詳細が載っていました。

レンジで温めてから食べる場合は、必ず容器に貼り付いているソースやからしを取り外してからにしましょう。

では早速温めていきますね。

500wで1分45秒。1900wで30秒なので、私が使用している1000wの電子レンジだとジャスト1分くらいで良さそうですね。

こちらが温め後の写真です。温め終わったら、容器を覆っている透明のフィルムを剥がしてフタを開けていきましょう。

レンジを温める際に外した、ごまとんかつソースとからしはお好みでかけてみてくださいね。

念のためロースかつをドアップで撮ってみました。

ということで実際に食べてみました。

結果は残念な感じでしたね。美味しいことには美味しいんですが、これがこだわりのロース豚かつなのかと、言い方は悪くなってしまいますが少し拍子抜けしてしまいました。

もっとサクサクッとした食感でお肉が柔らかく食べやすいジューシーなものを想像していましたが、その逆でお肉は硬めで食べづらいですし、味もそこまでって感じでしたね。

ブルドックソースが付いてくるのは救いで、どうにかこのソースで誤魔化し誤魔化し食べることが出来たなって感じです。ただ、食べるに堪えない。というほどの酷さではないので、ロースかつが好きな人なら普通に美味しく食べれると思います。

ただ、一度買ってまたリピートしたいな。とは思えないかと。それと500円越えのお弁当ならキャベツも欲しかったですね。個人的にかつにキャベツは必要不可欠な存在です。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(2.5)
コストパフォーマンス
(2.5)
おすすめ度
(3.0)

こだわりのロース豚かつということで結構期待していたんですが、正直なところそこまで上質なロース豚かつではなかったですね。よく言えば歯応えのある豚かつと言えますが、若干硬さを感じるもので少し歯切れの悪いというか食べづらさを感じました。凄く食べづらくて食べるのが苦痛だ。というほどではないんですけど、気になる硬さです。

また、コンビニ弁当なのでしょうがないですが衣のサクサク感も全くなかったですし、これならここまでお金を出す必要はないかなと。個人的にロースかつ系のお弁当なら、ファミマのロースかつ丼やローソンの厚切りロースかつ弁当の方が魅力的に感じました。

興味がある方はこちらの商品を紹介している記事もチェックしてみてください。

ミニストップの
お弁当ランキングに戻る