ローソンのお弁当!盛岡風冷麺のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売している盛岡風冷麺です。冷やし中華に引き続きまたしても冷麺を食べる男。冷やし中華はとても美味しかったんですけど、今日は5月にしてはとても寒いため体が冷え切ってしまいました。なので、今はなんと暖房を付けています。5月なのに暖房をつけることになるとは思いませんでした、、

おかげで冷え切った手は復活して文字が打ちやすくなりましたし、体もあたたまってきたんですけどね。まだまだ暖房にお世話になりそうです。

盛岡風冷麺の詳細

まず最初に、盛岡風冷麺のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称調理麺
商品名盛岡風冷麺
価格¥498
原材料名茹冷麺、冷麺スープ、キムチもやし和え、茹卵、きゅうり、焼豚、コチュジャンたれ、ネギ、ごま、加工澱粉、かんすい、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、グリシン、酢酸Ca、増粘剤(アルギン酸エステル、増粘多糖類)、乳化剤、カロチノイド色素、カラメル色素、トレハロース、ダイズ多糖類(原材料の一部にかに、小麦、乳、牛肉、鶏肉、りんごを含む)
消費期限約半日(商品購入が5月10日の午前5時頃で消費期限が5月10日の午後11時)
保存方法10℃以下で保存する
レンジ加熱目安なし
製造者相模フレッシュ(株) 神奈川県綾瀬市早川宇上原2647-24 TEL:0120-779-523
栄養成分表示
熱量391kcal
たんぱく質9.0g
脂質6.1g
炭水化物74.5g
ナトリウム1.6g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく盛岡風冷麺です。

裏面に貼ってあるシールには、原材料名やカロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、切り口の部分からフィルムを剥がしてフタを開けていきましょう。

上段には、キムチ、チャーシュー、コチュジャン、茹卵、ネギ、きゅうりの具材が乗っています。

この具材が乗っている上段部分は一度外しましょう。

上段部分を外したら下段に入っているスープを取り出します。

このスープを麺の上にまんべんなくかけていきましょう。かなり量が多いですが、冷やし中華ではなく冷麺なのでまあこのくらいかなと。

スープをかけたら食べやすいように割り箸などでよくほぐしていきます。そして最後に上段に乗っていた具材を乗せたら完成ですね。

ということで実際に食べてみました。

茹卵、きゅうり、チャーシューと、冷やし中華に比べると比較的具材は少なめで、コチュジャンを入れなければとてもあっさりとした味を楽しむことが出来ますね。

あっさりした味では物足りない。辛さが欲しい。という場合は、コチュジャンで少しずつ味を調節してみましょう。これ以上に夏という季節を感じさせてくれるものは他にないな。と思ってしまうくらい夏にぴったりな冷麺でした。

カロリーが400弱と控えめなので、体重の増減を過度に気にする人でも気軽に食べれるものだと思います。ローソンであれば比較的どこでも見かけるものでしたので、リピートしやすいのも嬉しいですね。夏が終わったらどうなるかは分かりませんが。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

冷し中華も良かったんですが、個人的にはこちらの盛岡冷麺の方が良かったかなと。何より夏をより感じられるのはこちらの盛岡冷麺なんですよね。みずみずしさといい、適度な辛さといい、肌寒い日に食べても夏を感じさせてくれましたよ。

ちなみに、この冷麺はコチュジャンって辛さを調節していくことになりますが、少しいれたくらいでもかなりピリピリとした辛さになるので、いきなり全部入れたりするのは危険です。最悪、人によっては全く食べれず捨てることになってしまうかもしれません。

そうならないために、まずはコチュジャンなしで食べてみて、刺激が足りないと思ったら少しずつコチュジャンを足していきましょう。私は辛いものは比較的好きな方ですが、半分もいれなくて良いくらいでしたね。参考までにどうぞ。

ローソンのお弁当
おすすめランキングに戻る