ロングブーツはダサいのか?流行った時だけ履く人は本当にやめて欲しい。

私は現在神奈川に住んでおり、お洋服を買う時は横浜、新宿、原宿と色々なところに足を運びますが、最近ロングブーツを履いている人は本当に見なくなりましたね。

10年くらい前は町中で履いている人を良く見かけたんですが、最近はスニーカーが流行っているようで、革靴でもドクターマーチンとかサイドゴアブーツとかくらいまでですね。全く見ない訳ではないですけど、以前に比べるとグッと履く人は少なくなりました。

そして最近ではロングブーツはダサい。履くのが恥ずかしい。という人まで出てきています。では本当にロングブーツはダサいファッションなのか私の主観になりますが、詳しくお話していきたいと思います。

ロングブーツはダサくない

結論から先に言ってしまうと、ロングブーツはダサくないし履くこと自体何も恥ずかしいことではありません。当たり前のことですけどね。

私は今年の冬にサルトルのロングブーツを購入しましたが、3~4日に1回は必ず履いているほど愛用しています。で、履いてるからといって珍しい目で見られることもありませんし、正直履いている自分はよく似合っているなと自画自賛しているくらいです。

足の細い人が履けばほぼ間違いなく似合いますし、何より良いロングブーツを履けばスタイルが良く見えます。また、冬に履けばとても暖かく冷たい風よけにもなります。

ただ、人によっては流行りじゃないのになんで履いているの?と思う人もいるようです。現に私の母親は、ロングブーツを履いている私を見て、今ロングブーツ流行ってないみたいだよ。とか言ってきましたからね。

いやいや、流行っていようが流行っていまいがそれが好きで似合うならいつ履いたって良いんですよ。人にとやかく言われることではありませんよね。

逆に流行りのものにしか興味ない人を見ると、それこそ個性がなくて自分の考えがなくて流されてばかりなのでダサいなと私は思ってしまいます。

また、脱ぎ履きが大変だと勘違いしている人もいるようですが、ハッキリ言って紐靴を脱ぎ履きするよりずっと楽です。足を突っ込んでファスナーを上下させるだけなので。

メーカーによっては上げ下げしにくいファスナーもあると思いますが、例えばサルトルのブーツであればその心配はありません。後ろ側ではなく側面にファスナーが付いているタイプは上げ下げしにくいことが多いですけどね。

紐靴で紐を解かず脱ぎ履きする人もいますが、これは本当はやってはいけないことです。靴の型崩れの原因になってしまうので、紐靴と言えど毎回解いて脱ぎ履きするのがベストです。愛着のある大切な靴ならなおさらですね。

  • ロングブーツは流行っていない時に履いてもダサくない
  • 誰に何と言われようと自分が好きで似合っているなら全然OK

流行った時だけに履く人は本当にやめて欲しい

今現在ロングブーツは全く流行っていませんし、先ほど言ったように履くのが恥ずかしいと思う人もいるくらいおかしな状況になっていると思います。

そんな人ももしかしたら10年前は笑顔でロングブーツを履いている1人だったかもしれないのに、流行りじゃない。というつまらない理由で履かなくなっちゃうんですよね。

で、今ロングブーツがダサいとか履くの恥ずかしい。

とか言っている人に限って、いざ流行りだすと我が物顔で履きだすんですよね。それまでロングブーツに関して懐疑的だったにも関わらずです。

そういうのは本当にやめて欲しいですね。本当に好きでも何でもないのに、中途半端な理由で私の大好きなロングブーツを汚さないで欲しいと思ってしまいます。

そしてまた流行が終わったら履かなくなる。流行りの時だけ履かれると私も流行りに乗っているおバカさんみたく見えて非常に不快なんですよね。

赤の他人からみたら、流行っていない時から本当に好きで履いていたとしても、流行りに乗っている一人にしか見えないですからね。

これはロングブーツに限らずなんですが、チェスターコートでもダッフルコートでも何でもそうなんですが、流行りだした途端に飛びつく人はオシャレとは絶対に言えないですし、ただの量産型でそれ自体に何の価値もないと思います。

  • 流行った時だけ飛びつく人は本当に迷惑
  • 流行りの時だけ飛びつく人は廃れると離れていく

最後に

今回言いたかったのは、自分の好きものなら流行っていようが流行っていまいが自信をもって着たり履いたりしましょうよってことです。そもそも、今の時代の流行りは人工的に生み出しているもので本当の流行りではありませんからね。

そんなものに毎年毎シーズン飛びついて疲労していくのはバカらしくないですか?ロングブーツが好きとか嫌いとかそんなのはどっちでも良いですが、流行っていないから着ない履かないという考えはダサすぎるので、今日限りでスパっと捨てて欲しいですね。