ローソンのスイーツ!フォンダンショコラのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売しているフォンダンショコラです。GODIVAとローソンがコラボした今話題沸騰中のスイーツですね。

冬やバレンタインの時期になると、必ずと言っていいほど耳に入るフォンダンショコラですが、その意味を未だ理解していない人も意外と多いのではないでしょうか。

フォンダンはとろけるようなという意味があり、中にクリーム状のチョコレートが入ったチョコレートケーキのことをフォンダンショコラと言います!

フォンダンとショコラはフランス語なのでなので、フォンダンチョコレートではなく、フォンダンショコラと同じ言語で合わせている訳ですね。

フォンダンショコラの詳細

名称洋生菓子
商品名フォンダンショコラ
価格¥350
 原材料名糖類(砂糖、水飴)、カカオマス、卵、小麦粉、植物油脂、マーガリン、カカオバター、乳製品、牛乳、澱粉、ココアパウダー、ゼラチン、カカオニブ、バニラエキス、膨張剤、乳化剤、香料、pH調整剤、増粘多糖類、着色料(クエルセチン、紅花赤、クチナシ)、(原材料の一部に大豆を含む)
レンジ加熱目安500w:0分20秒、1500w:0分10秒
内容量1個
消費期限約2日(商品購入が11月27日の23時頃で消費期限が11月30日)
保存方法10℃以下で保存する
製造者株式会社コスモフーズ 入間工場 〒112-0012 埼玉県入間氏大字狭山ヶ原307 TEL:0120-79-1888
栄養成分表示
熱量290kcal
たんぱく質4.1g
脂質17.5g
糖質27.5g
食物繊維2.8g
ナトリウム55mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくフォンダンショコラです、ゴディバとコラボした商品だけあってかなり高級感のあるデザインになっていますね。購買意欲がそそられます。

側面には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。

こちらの商品は食べる前にレンジで温める必要があるそうです。

温める際は、出力を500w、時間は20秒に設定しましょう。

こちらが温め後の写真ですが特に見た目に変化はありませんね。むしろ温める前と全く同じにも見えます(笑)

中を開けるとこんな感じ。通常このまま食べれば良いのですが、、

中がどうなっているのか取り出してみました。

フォンダンショコラというだけあって、チョコレートクリームがとろけまくってますね。すっごく美味しそうです!

ということで実際に食べてみました。

想像していたより、かなりダークな味ですね。ビターチョコです。中に入っているチョコレートクリームもですが、チョコレートの生地自体も苦みが強めですね。

セブンで販売しているガトーショコラなんかよりもさらに苦みが強くなっていますので、本当にダークな味が好きな人になら強くおすすめしたいです!

食感に関してはあまりしっとりという感じではないですね。チョコレートクリームと一緒に食べれば抑えられますが、そのまま食べると多少パサパサ感があるものでした。

ちなみに、食べるとお口の中がチョコレートでかなり汚れてしまいますので、外出時に食べることは絶対におすすめしません(笑)

最後に

このスイーツの評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

同時に発売したショコラミルフィーユをさらにビターな味にした感じ。苦い味に慣れている大人が好みそうな味ですね。

私も29で大人ですが、今だ苦い味は完全には馴染むことが出来ませんね。ただ、決してまずいとかではなく、そんな私でもまずまずの美味しさを楽しむことが出来ましたので、本当に苦い味が好きな人なら、その場でジャンプしちゃうくらいでしょうね(笑)

このビターな味がさらに楽しめる味覚になりたいものです。

ローソンのスイーツ
おすすめランキングに戻る