ローソンのパン!削りチョコとベルギーチョコホイップロールのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売している削りチョコとベルギーチョコホイップロールです。白くて細長いパンで焼きそばロールなどのようにパンの間にチョコクリームが挟んであるものですね。チョコクリームといっても、ホイップクリームも含まれているみたいですし、ベルギーチョコがどういった味なのかとても気になるところです。

削りチョコとベルギーチョコホイップロールの詳細

まず最初に、削りチョコとベルギーチョコホイップロールのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称菓子パン
商品名削りチョコとベルギーチョコホイップロール
価格¥130
原材料名小麦粉、ホイップクリーム、チョコスプレッド(ベルギーチョコ12%)、糖類、還元水あめ、チョコレート、植物油脂、卵、ショートニング、パン酵母、食塩、洋酒、発酵風味料、脱脂粉乳、乳化剤、グリシン、糊料(増粘多糖類、加工デンプン、アルギン酸エステル)、加工デンプン、酢酸Na、カラメル色素、セルロース、リン酸塩(Na)、香料、イーストフード、甘味料(ステビア)、酵素、V.C、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む)
消費期限約1日(商品購入が6月10日の午前4時頃で消費期限が6月11日)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
製造者山崎製パン株式会社 〒101-8585 東京都千代田区岩本町3-10-1 TEL:0120-811-114
栄養成分表示
熱量349kcal
たんぱく質6.8g
脂質15.3g
炭水化物45.9g
ナトリウム280mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく削りチョコとベルギーチョコホイップロールです。

裏側には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引くか、横に広げて開封していきましょう。

上の画像のように線が入っている部分であれば手で綺麗にちぎることが出来ます。

ということで実際に食べてみました。白いパン生地の部分はちょっぴりですが、モチモチッとした食感を楽しむことが出来ます。弾力があり、程よく柔らかい生地で挟んであるチョコクリームとの相性は抜群だと思いました。

チョコの味は、苦みが全くなく甘さが強調されたものになっていますが、ミルクチョコレートのような純粋な甘さではなく、どこか一癖あるような甘さなので、人によっては受け入れがたいものがあると思います。私自身、よく口にするチョコの味と全く違うものだったのでちょっぴり違和感を感じてしまいましたからね。

逆にそれさえ受け入れることが出来れば、美味しく食べれるはずです。

最後に

このパンの評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

横に狭いとはいえ縦長の大きなパンなので一度に食べきることは難しいです。そのため、出来れば少しずつちぎって食べていきたいところですね。幸いこのパンは、線が入っているところでちぎれば何か道具を使用しなくても手で綺麗にちぎることが出来るので、一気に食べきる自信がない。という人にもおすすめ出来るものなんですよね。

チョコに関しては、ベルギーチョコが使用されているためか、少し癖のあるバナナのような味(人によって感じ方は違うと思います)がしましたので、この一癖ある味を気に入ることが出来ればって感じですね。

ローソンのパン
おすすめランキングに戻る