セブンイレブンのパン!釜炊きカスタードのクリームパンのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している釜炊きカスタードのクリームパンです。新発売の商品とのことですが、一般的なクリームパンと何が違うのかとても興味深いですね。お値段的には特別高いものではないのでどうなるのかなと。

釜炊きカスタードのクリームパンの詳細

まず最初に、釜炊きカスタードのクリームパンのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称菓子パン
商品名釜炊きカスタードのクリームパン
価格¥116
原材料名小麦粉、砂糖、乳等を主要原料とする食品、加糖卵黄、マーガリン、パン酵母、アーモンド、食塩/グリシン、加工でん粉、pH調整剤、香料、V.C、(一部に卵、乳成分、小麦、大豆を含む)
消費期限約1日(商品購入が9月1日の12時頃で消費期限が9月2日)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
製造者株式会社武蔵野フーズ カムス第2工場 埼玉県比企郡嵐山町花見台14-2 TEL:0120-280-245
栄養成分表示
熱量309kcal
たんぱく質10.4g
脂質7.8g
炭水化物48.9g
ナトリウム0.7g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく釜炊きカスタードのクリームパンです。

袋の裏側には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引いて袋を開封していきます。

このクリームパンの特徴としてパンの表面に小さいながらもアーモンドが乗っかっているんですよね。これがあるだけで華やかに見えます。

ということで実際に食べてみました。

パンの生地はふわふわって感じではなく、どちらかというとしっとりとした落ち着いた生地ですね。私はふわふわっとした生地よりこっちの方が好みです。

また、中に入ってるクリームは、バニラシードがたっぷり入っているおかげか、一般的なクリームパンのクリームに比べて上質な感じが伝わってきましたよ。袋の表面にバニラシードが入っている記載があり、それを見ていたからこそ感じたことかもしれませんが、いずれにしても美味しいクリームパンであることに変わりはないです。

最後に

このパンの評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(3.5)

このクリームパンの最大の魅力はバニラシードが入っていることでしょうかね。バニラシードは美味しいカスタードのシュークリームやバニラ味のアイスクリームなどに必ずと言っていいほど入っているものですね。このバニラシードが入っているおかげか、一般的なクリームパンより甘さが際立っているように感じました。

ただのプラシーボ効果かもしれませんが、バニラシードが入っていることは確実なので、甘いクリームパンに拘りがある人は一度食べてみて欲しいです。クリームのとろりとした優しい舌触りもとても良かったです。お値段がお手頃なのと、私自身がクリームパンが好きということもあり、今後見かけたら積極的にリピートしていきたいなと。

セブンイレブンのパンの
おすすめランキングに戻る