セブンイレブンのお弁当!熟成中華麺野菜盛りタンメンのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

タンメンと言えばどっさり入った野菜!ということでセブンイレブンで販売されているタンメンはとにかく野菜の量が半端じゃないです。

ギッシリ詰まりすぎていて容器をひっくり返しても中身が微動だにしないくらいです。濃厚味噌ラーメンや野菜を食べるちゃんぽんのように、芯の硬い部分が多く入っていないことを祈りならがら紹介していきたいと思います。

熟成中華麺野菜盛りタンメンの詳細

まず最初に、熟成中華麺野菜盛りタンメンのカロリーや消費期限などについてまとめておきます。

名称ゆで中華麺
商品名熟成中華麺野菜盛りタンメン
価格¥398
原材料名ゼラチンスープ(タンメンスープ、ゼラチン、食用油脂、その他)、ゆで中華麺(小麦粉、小麦たん白、食塩、水あめ、卵加工品、食用油脂)、野菜炒め(もやし、キャベツ、玉ねぎ、その他)、キャベツごま油調味和え、人参、木耳和え、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、かんすい、酒精、乳化剤、クチナシ色素、pH調整剤、カラメル色素、(原材料の一部に卵、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉を含む)
添付薬味こしょう、コーンガーリック
内容量582g(めん140g)
消費期限約1日(商品購入が3月9日の午後1時頃で消費期限が3月10日の午後1時)
保存方法10℃以下
レンジ加熱目安500w:6分30秒、700w:5分00秒、1000w:3分30秒、1500w:2分20秒
製造者(株)ニッセーデリカ神奈川工場 神奈川県相模原市緑区根小屋814-9 TEL:0120-06-0612
栄養成分表示
熱量345kcal
たんぱく質22.7g
脂質7.0g
炭水化物47.7g
ナトリウム3.0g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく熟成中華麺野菜盛りタンメンです。フタを開けなくてもたっぷりと入った野菜がよく見えます。

裏面には原材料名やカロリーなどの詳細が載っていました。消費期限や保存方法は表側のシールに記載されていますよ。

この他に特製スパイスがついてきます。ラー油はありません…。

早速温めていきますね。

1000wですと3分30秒温めれば良いみたいです。

温め後の写真です。あまりの野菜の量に温めてもスープが埋もれていて全く見えませんね。一体どれだけ野菜が詰め込まれているんだと。

ということで実際に食べて見ましたが、お世辞にも美味しいとは口に出して言えないものでした。食べれなくはないんだけど自分から進んで食べたいとは思えない。

そんなタンメンでした。

カロリーを削ることばかり考えて野菜を沢山いれてしまい、全体のバランスがあまり取れていないように感じるんですよね。

確かに野菜が沢山入っていればそれを食べれば栄養摂取にはなるのですが、そうではなく、もう少しどうしたら美味しく食べてもらえるのかにも重点を置いて欲しかったです。

セブンイレブンだけかは分かりませんが、少なくともセブンイレブンは野菜をたくさん詰め込むラーメンはあまり良い印象がないですね。ラーメン系以外なら、ビビンバ丼とか中華丼とか、野菜が沢山入っていても美味しいものは沢山あるだけに残念です。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(2.5)
満足度
(2.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(2.5)

問題のキャベツですが、芯の硬い部分は少なく濃厚味噌ラーメンや野菜を食べるちゃんぽんよりは比較的食べやすくしてありましたね。

ただそれでももう少し何とかならないかってところです。また、このタンメンはカロリーオフを目的して作られているからか、お肉が全く入っていないんですよね。

私が確認した限りでは1つも入っていなかったので、タンメンというよりは本当に野菜が沢山入っているだけのラーメンだなって思っちゃいましたね。

それと、調味料でこしょうを付けてくれたのはとても嬉しいのですが、やはりタンメンですからラー油も欲しかったですね。元々の味が薄いので、私のように濃い味を望む人はラー油を必要していると思います。

というより、基本的にコンビニのお弁当は味付けの濃いものばかりなんですし、コンビニのお弁当を購入する人はそういう濃い味に慣れてしまっている訳ですから、その層に対してしっかり配慮した方が良いんじゃないかなと。

その方が絶対に買ってくれる人増えるはずです。改良の余地ありですね。

セブンイレブンの
お弁当ランキングに戻る