ファミリーマートの冷凍食品!直火釜炒めの中華炒飯のカロリー、賞味期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ファミリーマートで販売している直火釜炒めの中華炒飯です。4種の具材が入った直火釜で炒めた炒飯とのこと。ちなみに、こちらの商品はSNSを中心に話題になっているお母さん食堂シリーズの1つですね!

直火釜炒めの中華炒飯の詳細

名称冷凍米飯類
商品名直火釜炒めの中華炒飯
価格¥133
原材料名米(日本)、野菜(ねぎ、にんじん)、チャーシュー、鶏卵、なたね油、エキス(ポーク、チキン、オイスター)、しょうゆ、食塩、調製ラード、中華調味料、こしょう、いため油(なたね油)/調味料(アミノ酸等)、安定剤(加工でん粉)、乳化剤、焼成Ca、着色料(カラメル、カロチノイド)、(一部に小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチンを含む)
レンジ加熱目安500w:約2分50秒、600w:約2分30秒
賞味期限約11か月(商品購入が10月30日頃で賞味期限が翌年の9月30日)
内容量170g
保存方法‐18℃以下で保存する
製造者株式会社JAフーズさが 佐賀ピラフ工場 佐賀県佐賀市久保泉町大字上和泉1848-18 TEL:0120-040-826
栄養成分表示 170g当たり
熱量330kcal
たんぱく質6.5g
脂質7.3g
炭水化物59.5g
食塩相当量1.9g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく直火釜炒めの中華炒飯です。暖かみのある赤い袋がお母さん食堂シリーズであることの証ですね!

袋の裏側には、原材料名、保存方法、賞味期限、カロリーなどの詳細が載っています。

すぐに食べる場合は、切り取り線の部分を切り取り、

賞味期限などが記載されている面を上にしてお皿の上に乗せていきます

上の写真のような感じですね。裏表は凄く間違えやすいので要注意です。

温める時は、出力を500w、時間を2分50秒に設定します。

そしてこちらが完成後の炒飯です!見た目はまずまず悪くはないですね。

もっと近くから見るとこんな感じ。具材は少ないですが、安価な商品なのでその辺りのクオリティを求めるのは間違っている気がしますね。

ということで実際に食べてみました。

炒飯というよりはちょっとした炊き込み御飯を食べているような気分になりましたね。しょっぱさは全くなく、どちらかというとしょうゆの甘い味付けが際立っている炒飯なので、甘い炒飯が好みではない場合は美味しく感じないかもしれません、、

また、これは安価な商品なので仕方がないことですが、量がとても少ないので、1食分の冷凍炒飯を求めているなら購入を控えた方が良さそう。その場合は、お値段は張りますが、もっと大きめの炒飯を購入した方が後悔がないと思います!

私個人としてはちょっと微妙な炒飯でしたね。やはり甘い味の炒飯というのが私の味覚には合わないみたいです。

最後に

この冷凍食品の評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

直火釜炒めの炒飯ということで、一般的な炒飯とちょっぴり感じの違う味や食感でしたね。分かりやすく言うと、炊き込み御飯みたいな。そんな感じがしました。そのため、カリカリッとはしていませんが、少し硬いおこげのような部分もありましたよ。

あまり炒飯を食べている。という気分にはなれないので、一般的な炒飯を求めている人にはあまり合わないかもしれません。私も食べてみて悪い意味ではないですが、思っていたのとなんか違うな。と思ったので、買うならその辺りを覚悟した方が良いですね!