ローソンのアイス!板チョコアイス(ミント)のカロリーと食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売している板チョコアイスのミントです。チョコミントアイスですが、珍しくミントの主張が弱いものでした。また、チョコは苦みがないため、小さな子供でも安心して美味しく食べれると思いますよ。

詳細はこのまま読み進めてみてくださいね。

板チョコアイス(ミント)の詳細

種類別 アイスミルク
商品名 板チョコアイス(ミント)
価格 ¥162
原材料名 チョコレートコーチング、砂糖、乳製品、水あめ、植物油脂、クッキークランチ(小麦を含む)、デキストリン、カカオマス/乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料、スピルリナ青色素、ベニバナ黄色素
内容量 170ml
消費期限 記載なし
保存方法 要冷凍(‐18℃以下で保存する)
販売者 森永製菓株式会社 〒108-8403 東京都港区芝5-33-1 TEL:0120-560-162
栄養成分表示
熱量 276kcal
たんぱく質 2.6g
脂質 19.9g
炭水化物 21.6g
食塩相当量 0.08g

商品の開封まで

こちらが今回紹介していく板チョコアイス(ミント)です。板チョコなので細長い形をしています。

裏側には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。

板チョコアイスは銀色の紙に包んであります。

アイスを取り出すとこんな感じ。線の部分からであれば小分けすることができます。そのままかぶりついて食べても気持ち良いですけどね(笑)

全部小分けするとこんな感じ。

チョコの中にはミントアイスがしっかり入っています。

食べてみた感想

美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

ミントの風味はしっかり楽しめますが、チョコの主張が一般的なチョコミントアイスより強くなっているため、ミントのスーッとした感じが広がっていくことはなかったですね。チョコの味によってミントの風味が広がらなくなってるんです。

なので、チョコミントアイスがあまり好きじゃない。得意じゃない。という人でも普通に食べれるアイスかもしれませんね。

また、何と言ってもこのアイスの最大の魅力は食感です。カリカリともパリパリとも違うパキパキッとしたこのアイス特有の食感は一度食べたら止められなくなりますよ。

アイスに食感もこだわりたい。という人はぜひ食べてみてください。

ローソンのアイスをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

新作を含む!セブンイレブンのアイスのおすすめランキングを紹介します。カロリーもまとめました。 新商品を含む!ファミリーマートのアイスのおすすめランキングを紹介します。カロリーと価格もまとめました。 新作を含む!セブン、ローソン、ファミマで買えるおすすめのハーゲンダッツをランキング形式で紹介します。カロリーと価格もまとめました。