セブンイレブンのお弁当!イカフライおかか御飯のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売しているイカフライおかか御飯です。個人的には、イカフライよりロースカツの方が良いかなと思ってしまいました。

詳細はこのまま読み進めてみてくださいね。

イカフライおかか御飯の詳細

名称 弁当
商品名 イカフライおかか御飯
価格 ¥380
原材料名 御飯(国産米使用)、たれ付いかフライ、炒り卵、ごま醤油おかか、金平牛蒡、漬物、加工澱粉、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、グリシン、カラメル色素、酒精、酸味料、酢酸(Na)、乳化剤、甘味料(ステビア)、香料、野菜色素、香辛料、酵素、ショ糖エステル、膨張剤、(原材料の一部に卵、小麦、りんごを含む)
消費期限 約1日(商品購入が3月12日の午前11時頃で消費期限が3月13日の午前3時)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安 500W:1分30秒、1500W:0分30秒
製造者 わらべや日洋(株)相模原工場 神奈川県相模原市中央区宮下3-9-1 TEL:0120-498-711
栄養成分表示
熱量 568kcal
たんぱく質 15.0g
脂質 16.8g
炭水化物 89.1g
ナトリウム 1.2g

商品の開封まで

こちらが今回紹介していくイカフライおかか御飯です。一見、ロースかつ弁当にみえますが、正真正銘イカフライのお弁当です(笑)

すぐに食べる場合は、そのままの状態でレンジに乗せていきます。

レンジに乗せたら、出力を500w、時間を1分30秒に設定して温めていきます。

温めるとこんな感じ。見た目に大きな変化はありませんね。

温め終わったら、OPENの部分からフィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。

中身はこんな感じ。

食べてみた感想

美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.0)

イカフライ弁当ですが、ころもに絡みついているタレの味が非常に濃いので、そのおかげ(?)で、イカフライなのにロースカツを食べているような錯覚に陥ります。

もちろん、しっかりと噛んで味わえばイカフライだということは分かるのですが、多少はタレでロースかつ風味になっているということですね。

セブンイレブンはそれが狙いだったのかもしれません。

ご飯はおかかに卵、端っこに金平牛蒡と漬物が乗っかっていますが、正直どれもおまけ程度って感じでした。先ほども言ったようにイカフライのタレの味がとても強いので、おかかの味が結構かき消されているんですよね。

金平牛蒡、玉子、漬物に関してはそもそもの量が少ないので、存在感がとても薄いのです。これなら、初めから普通のお弁当のサイズにして、それぞれのおかずをしっかり区分けした方が良かったんじゃないかなと思いました。

セブンイレブンのお弁当をもっと見る

こちらの記事もどうぞ

全て実食済み!ローソンのお弁当のおすすめランキングを紹介します。カロリーや消費期限もまとめました。 全て実食済み!ファミリーマートのお弁当のおすすめランキングを紹介します。カロリーや消費期限もまとめました。