ローソンのスイーツ!苺のミニホールチョコケーキのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売している苺のミニホールチョコケーキです。山崎製パンとローソンのコラボ商品ですね。パンを製造していることで有名な山崎製パンですが、今ではパンだけにとどまらず、おにぎり、サンドイッチ、ドリンク、お菓子、スイーツなどの分野にも手を伸ばしているんですよね。

苺のミニホールチョコケーキの詳細

まず最初に、苺のミニホールチョコケーキのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称洋生菓子
商品名苺のミニホールチョコケーキ
価格¥525
原材料名 チョコホイップクリーム、卵、砂糖、小麦粉、チョコレート、苺、ココア、乳化油脂、油脂加工品、バター、乳化剤、膨張剤、着色料(カラメル、フラボノイド、ケルセチン、カロテノイド)、酒精、香料、リン酸塩(Na)、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、V.C、(原材料の一部に大豆を含む)
消費期限約1日(商品購入が5月4日の午前5時頃で消費期限が5月5日)
保存方法10℃以下で保存する
製造者山崎製パン(株) 東京都千代田区岩本町3-10-1 TEL:0120-811-114
栄養成分表示
熱量339kcal
たんぱく質3.8g
脂質22.1g
糖質30.2g
食物繊維2.0g
ナトリウム75mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく苺のミニホールチョコケーキです。ミニホールということでホール型ではありますが、サイズはとても小さいですよ。

側面に貼ってあるシールには原材料名、保存方法、消費期限、カロリーなどの詳細が載っていました。このシールと反対側のシールを剥がすとフタを開けることが出来ます。

こちらが中身です。ケーキの形が崩れないようにチョコレート色のシートが貼ってあるのでこれを剥がしてから食べてくださいね。

全体が茶色なので赤い苺がひと際目立って見えます。

ということで実際に食べてみました。

苦みがほとんどない素直なチョコレートの甘さがじっくり楽しめるチョコレートケーキで、クリームの中にパリパリッとした食感のチョコレートが入っていたり、チョコレートケーキなのに贅沢にも苺が乗せてあったり、安く販売されているものとは別次元の存在感を放っていましたよ。そもそもミニホール型というのが貴重な存在ですね。

もし、チョコレートよりホイップクリームの甘さが好みだよ。って人であれば、同じシリーズの苺のミニホールケーキを選択すれば問題なしです。同じシリーズということでお値段は同じ525円で、カロリーはチョコレートケーキの方がほんの少し高いくらいですね。本当にケーキ屋さんで販売されているケーキと比べても遜色ないです。

最後に

このスイーツの評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

ミルクチョコレートとまではいきませんが、ほとんど苦みのない甘さが強調されたチョコレートケーキで、頂上には苺とチョコレートがそれぞれ1つずつ乗せてありました。見た目から、苦みのあるチョコレートケーキなんだろうな。と少し警戒していましたが、その予想は良い意味でハズレてくれたので嬉しかったですね。

スポンジ生地に挟まれたチョコレートクリームの中には、小さいですがパリパリッとしたチョコレートも入っていて、甘さだけでなく食感も楽しむことが出来ました。私はここまで甘いのは好みではないので、今後買うことはなさそうですが、チョコレートケーキを愛してやまない人であれば、一度食べれば虜になること間違いなしでしょう。

ローソンのスイーツ
おすすめランキングに戻る