セブンイレブンのおにぎり!ふんわり玉子のオムライスのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売されているおにぎりつの1つ、ふんわり玉子のオムライスです。直火で炙ったソーセージおむすびなどのおにぎりと同じように、温めるとより美味しい状態で食べることが出来ます。もちろん冷たいままでも食べれますよ。

ふんわり玉子のオムライスの詳細

まず最初に、ふんわり玉子のオムライスのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。原材料だけ見るととてもおにぎりとは思えません。

名称おにぎり
商品名ふんわり玉子のオムライス
価格¥140
原材料名チキンライス(米(国産))、ケチャップ、玉葱、鶏肉、その他)、薄焼玉子、トマトミックスソース、pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、グリシン、増粘多糖類、クチナシ色素、香料、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、大豆を含む)
消費期限約半日(商品購入が3月31日の午後5時頃で消費期限が4月1日の午後1時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:0分30秒、1500w:0分10秒
製造者わらべや日洋(株)相模原工場 神奈川県相模原市中央区宮下3-9-1 TEL:0120-498-711
栄養成分表示
熱量210kcal
たんぱく質5.1g
脂質7.5g
炭水化物30.6g
ナトリウム634mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくふんわり玉子のオムライスです。一面卵に覆われているように見えますが表面だけですね。

裏側には原材料名、消費期限、保存方法などの詳細が載っています。消費期限はとても短く半日もありませんでした。

温めるとより美味しく食べれるおにぎりということなので早速温めてみますね。

500wで30秒。1500wで10秒なので、私が使用している1000wの電子レンジなら20秒弱で良いでしょう。20秒以上はやりすぎというより熱くて持てなくなると思います。

温めたら下に引くの部分から袋を開封していきます。

ということで実際に食べてみましたよ。

オムライスのおにぎりということで、セブンイレブンはまた画期的なおにぎりを出してきたなとこの商品を見て思いましたね。炒飯のおにぎりを初めてみた時も相当驚きましたが、こういう常識に捉われないところがセブンイレブンの強みなのかなと。

ふわふわとろとろとした卵が印象的なおにぎりで、正直なところおにぎりって感じではなくオムライスを食べている感覚でしたね。当たり前なんですけど。

卵とケチャップの存在感は凄かったんですけど、鶏肉や玉ねぎの存在感が薄い、、というよりは全く感じないくらいだったのでそれが残念でした。

最後に

このおにぎりの評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.0)

とにかく卵がふわふわとろとろとしていて食感が一番冴えていましたね。

また、オムライスと言えば鶏肉!!というイメージの人も多いと思いますが、ふんわり玉子のオムライスのおにぎりには、鶏肉は一切入っていないと思った方が良いです。

正確には、小さいのがコロコロ入ってはいるんですけど、食べていて全くといって良いほど鶏肉が感じ取れないので、鶏肉目当てで購入すると泣くことになると思います。

これ大袈裟ではなく真面目なお話です。味の薄さは見事にケチャップの量でカバーされているので物足りない味だなと思うことはないはずです。

同じシリーズのTHEセブンチャーハンおむすびや直火で炙ったソーセージおむすびと比べてしまうと劣っているなという印象でした。

セブンイレブンのおにぎりの
おすすめランキングに戻る