ローソンのお弁当!麺屋一燈監修 冷し濃厚魚介つけ麺のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売している麺屋一燈監修 冷し濃厚魚介つけ麺です。冷やしつけ麺なので、レンジで温める必要もなく買ったらすぐに食べることが出来るのが良いですよね。麺屋一燈監修している本格的なつめ麺なので、さぞ美味しいものなんだろうなと勝手な期待を寄せています。つけ麺が好きな人は要チェックですよ。

麺屋一燈監修 冷し濃厚魚介つけ麺の詳細

まず最初に、麺屋一燈監修 冷し濃厚魚介つけ麺のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称調理麺
商品名麺屋一燈監修 冷し濃厚魚介つけ麺
価格¥530
原材料名茹中華麺、魚介鶏白湯スープ、水、鶏肉加工品、ゆず風味肉団子、焼豚、ねぎ、加工澱粉、増粘剤(アルギン酸エステル、キサンタン)、かんすい、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.E)、乳化剤、クチナシ色素カラメル色素、ベニコウジ色素、香料、発色剤(亜硝酸Na)、ダイズ多糖類、トレハロース、(原材料の一部に小麦、乳、さば、りんごを含む)
消費期限約半日(商品購入が5月11日の午前5時頃で消費期限が5月11日の午後11時)
保存方法10℃以下で保存する
レンジ加熱目安なし
製造者相模フレッシュ(株) 神奈川県綾瀬市早川宇上原2647-24 TEL:0120-779-523
栄養成分表示
熱量637kcal
たんぱく質32.3g
脂質13.4g
炭水化物96.5g
ナトリウム2.5g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくj麺屋一燈監修 冷し濃厚魚介つけ麺です。黒い容器が印象的ですね。店頭ではひと際目立つ存在でした。

裏側には、原材料名やカロリーなどの詳細が載っています。

すぐに食べる場合は、まず切り口の部分から黒いフィルムを剥がしてフタを開けていきましょう。

フタを開けるとこんな感じ。

ここから大きな黒いカップを取り出しましょう。

大きな黒いカップの中に入っているスープの袋を取り出して、、

黒いカップの上に注いでいきます。

次にほぐし水を麺の上にまんべんなくかけていきましょう。かなり量が少ないので、一か所に集中させないように注意してくださいね。ここまで出来たら完成です。後は麺や具材をスープにつけて食べていきましょう。

ということで実際に食べてみました。

結論から先に言ってしまいますと、個人的にはあまりおすすめ出来ないつけ麺でした。恐らく冷たいものではなく、温かいラーメンだったら問題なく美味しかったんでしょうけど、冷たいまま食べると何を食べても違和感しか感じなかったです。

肉団子、チャーシュー、麺、スープ、どれも温かい状態で食べたかったな。と思ってしまうものでした。これなら素直に冷やし中華を買った方が満足出来ちゃいますね。

今後リピートすることはないでしょう、、

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(2.5)
満足度
(2.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(2.5)

コシのある太い麺が食べ応え抜群でとてもお腹に溜まります。細麺好きの人にはおすすめ出来ませんが、太麺好きの人にはおすすめしたい麺でしたね。ただ、個人的にはやっぱりラーメンは冷たいより暖かい方が良いかな?と思いました。

正直なところ、スープにしても肉団子にしても、麺にしても、冷たいとどうしても違和感を感じてしまうつけ麺でした。あまりに違和感を感じてしまったので、レンジで温めるものだったのかな?と色々確認し直してみましたが、残念ながらどこにもレンジに関する記載はなかったですね。冷たいままの状態で食べるしかないみたいです。

どうしても冷たい麺類が食べたい。というのであれば、ローソンなら、冷やし中華や盛岡風冷麺が販売されていますので、そちらの方がおすすめです。

ローソンのお弁当
おすすめランキングに戻る