セブンイレブンのパン!がっつりカレーパンのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するセブンイレブンで販売されているがっつりカレーパンは新発売の商品です。ただ、カレーパンって前々からセブンイレブンで販売されていたと思うんですよね。ってことは大きな変更はなく名前と細かい部分が変わっただけ。って感じでしょうね。

ってことであまり新商品ってことで期待しすぎない方が良いかと思います。

がっつりカレーパンの詳細

まず最初に、がっつりカレーパンのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。このがっつりカレーパンだけではなく、セブンイレブンで販売されているパンの多くは、購入日が消費期限になっていることが多いです。

名称ドーナツ
商品名がっつりカレーパン
価格¥138
原材料名カレーフィリング、小麦粉、ショートニング、パン粉、砂糖、パン酵母、マーガリン、食塩、乳等を主要原料とする食品、卵、ぶどう糖、増粘剤(加工澱粉、キサンタンガム)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、pH調整剤、酢酸Na、グリシン、酸味料、香料、香辛料、ビタミンC、(原材料の一部に卵、乳成分、小麦、牛肉、大豆、バナナ、豚肉、りんごを含む)
消費期限約半日(商品購入が3月19日の午前5時頃で消費期限が3月19日の午後9時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
製造者ガーデンベーカリー(株) 東京都昭島市美堀町4-13-35 TEL:0120-077-987
栄養成分表示
熱量322kcal
たんぱく質6.0g
脂質16.8g
炭水化物16.8g
食塩相当量732mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくがっつりカレーパンです。袋の表面には、新発売のシールと朝セブン対象送品のシールが貼ってあり、値段と消費期限も確認出来ます。

ひっくり返すと、原材料名や保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。

このがっつりカレーパンは出来ませんでしたが、パンによっては縦に引いて袋を開けることが出来ますよ。今回は横に開けるしかないですね。

実際に袋から出して手に取ってみました。ちょうど私の手のひらにおさまるくらいのサイズでした。

ということで実際に食べてみました。

正直なところ私からは言うことが何もないくらいどこにでもあるようなカレーパンでした。がっつり!という名前が付いているからには何か大きなインパクトが欲しかったんですけどね。とりあえず迫力のある名前を付けただけでしょうかね。

パンの層は結構な厚みがありその中にカレーのルーがぎっしり詰まっていました。ルーにはお肉、じゃがいも、人参など、カレーでお馴染みの具材は入っていません。なので、人によっては寂しいカレーパンだな。と思ってしまうかもしれません。

最後に

このパンの評価
美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

衣が付いたパンの中にカレーのルーが入っているシンプルなものです。

ルーの中にお肉だったり、人参だったりが詰め込まれている訳ではないので、正直食べ応えは全くないです。また、セブンイレブンのカレーパンは出来たてではないので、カリカリっとした食感もないのでとても寂しいんですよね。

完全に冷え切ったカレーを食べているかのようです。

ただ、コンビニで出来たてを用意することは設備的な問題で現状不可能と言えますし、これが今できる精一杯のことじゃないかなと食べていて思いました。

コンビニのカレーパンはどこも似たり寄ったりなので、カレーパンのためにセブンイレブンまで足を運ぶ必要はありませんよ。ローソンでもファミリーマートでも全然OKです。パン屋さんが家の近くにあるのがベストなんですけどね。

セブンイレブンのパンの
おすすめランキングに戻る