ローソンのパスタ!大盛!フライドチキンのペペロンチーノのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売している大盛!フライドチキンのペペロンチーノです。ただのペペロンチーノではなく、ペペロンチーノの上に大きなフライドチキンが乗っています。さらに大盛ということで、カロリーが927とめちゃめちゃ高いです!

大盛!フライドチキンのペペロンチーノの詳細

名称 調理麺
名前 大盛!フライドチキンのペペロンチーノ
価格 ¥498
原材料名 味付スパゲティ、フライドチキン、にんにく醤油ゼラチン、フライドガーリック、唐辛子、パセリ、糊料(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、グリシン、酢酸塩(Na、Ca)、酸化防止剤(V.E)、加工澱粉、リン酸塩(Na)、膨張剤、香辛料、乳化剤、パプリカ色素、酵素、トレハロース、(原材料の一部にかに、小麦、卵、乳、大豆、豚肉を含む)
レンジ加熱目安 500W:約3分30秒、1500W:1分10秒
消費期限 約3日(商品購入が11月18日の12時頃で消費期限11月21日の午前5時)
保存方法 10℃以下で保存する
製造者 日本クッカリー(株) 船橋工場 千葉県船橋市高瀬町62-5 TEL:0120-81-6459
栄養成分表示
熱量 927kcal
たんぱく質 36.6g
脂質 36.6g
炭水化物 112.6g
ナトリウム 2.9g

開封と食べてみた感想

こちらが今回紹介していくフライドチキンのペペロンチーノです。裏側には、原材料名やカロリーなどの詳細が載っていますが、ひっくり返すと、中身がグジャグジャになってしまう恐れがあるので、ここでは省略します。

すぐに食べる場合は、そのままの状態でレンジに乗せていきましょう。

レンジに乗せたら、出力を500w、時間を3分30秒に設定して温めていきます!

こちらが温め後の写真ですが、特に大きな変化はありませんね。

フィルムを剥がして容器を開けるとこんな感じ。

ということで実際に食べてみました。

ピリピリとした辛さのペペロンチーノは、極端に油っぽくギトギトしているようなものではなかったので、結構食べやすいんじゃないかなと思います!

私はペペロンチーノがそこまで好きではないので、評価は低めにしていますが、この辺りは好みの問題なので、ペペロンチーノが好きな人なら気に入ると思いますよ。

そして、今回のメイン(?)であるフライドチキンは、ローソンで揚げ物コーナーで販売しているLチキが使用されているんじゃないかな?と食べていて思いました。

でき立てではないので、衣は柔らかくカリカリしていませんが、お肉の柔らかさなど根本的な部分に変わりはありませんでしたね。

ペペロンチーノとローソンのLチキが好きな人にはおすすめしたいところですが、この2つは組み合わせる必要があったのか?個人的には疑問ですね。

フライドチキンとパスタは一緒に絡ませて食べるのは難しいですし、フライドチキンはフライドチキン、パスタはパスタで食べた方が良い気がしました。

この商品の評価

美味しさ
(3.0)
満足度
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.0)

一番気になるのはやはりペペロンチーノの上に乗っているフライドチキンだと思いますが、これは恐らく、ローソンの看板商品であるLチキじゃないかな?と。

お肉の柔らかさといい、ジューシーさといい、味といい、Lチキそのものだったので、これで違うとか言われたら逆にびっくりしてしまいますね(笑)

フライドチキン以外は、ごく普通のペペロンチーノでしたね!大盛なので量は多いですが、特別驚くほどのものではありませんでした。Lチキが160円するので、実質300円ちょっとでペペロンチーノの大盛り食べれると考えると意外とコスパは良いのかも。

ちなみに、ローソンではペペロンチーノ単品の商品はありません、、以前はあったかもしれませんが、今はないですね。

パスタ、グラタン、ドリア
おすすめランキングに戻る