全て実食済み!ファミリーマートのお弁当のおすすめランキングを紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個以上のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

この記事では、実際に私が食べたファミリーマートのお弁当をランキング形式でまとめていきます。

対象となるのはお弁当ですが、温めるだけで食べることが出来るレンジ麺(ラーメンなど)も含みます。パスタ、グラタン、ドリアなどは含みません。ランキングは順位の低いものから順に紹介していきますので、お間違いのないようにお願いします。

ピリ辛玉子スープの辛麺

カレーの中辛程度なら問題なく食べれる私個人の感覚としては、ピリ辛ってレベルじゃないよ!とツッコミたくなるほど辛いものでしたね。辛いものが本当に好きな人にだけおすすめします。ただ、辛いものが好きな人でもスープは飲まない方が良いかと思います。ちなみに、辛すぎて玉子スープらしさは全く感じなかったです。

野菜たっぷり五目中華丼

白菜の芯の部分が異常に大きかったり、人参の量が不自然に多くサイズ自体も大きいのでとても食べづらかったり、正直あまり良いところがない中華丼でしたね。530円というお値段にするならもう少しクオリティを高めて欲しかったですよ。

タルタルチキンカツ弁当(大盛ご飯)

見た目はとても美味しそうで質も量も両立しているお弁当なのかな。と夢を見ていましたが、実際は量重視のお弁当でしたね。チキンカツは特別美味しいものではありませんでしたし、何よりソースとタルタルソースが初めからかけてあるのは不親切だなと思いました。ソースもタルタルソースもかけるかどうかは、購入側が選択したいですよね。

釜炊きふっくらきつねうどん

THE・微妙なうどんでした。うどんの麺は太くてコシがあり文句なしのものだったんですが、メインの油揚げのクオリティが正直とても低く、また食べたいと思えるものではありませんでした。この油揚げを食べるなら、まだ赤いきつねうどんの油揚げを食べた方が満足がいきます。少し期待していたんですが、残念な結果になってしまいました。

ミニエビピラフ

決して悪いものではないですし、この値段でエビ、グリンピース、コーン、パセリが入ったエビピラフが食べれるのはお買得だと思いますが、なぜかもう一度食べたい。とまではいかないんですよね。一般的なお弁当と比べると、ご飯の量がとても少ないので、軽食や間食にはもってこいのお弁当でした。主食向きではないです。

バター香る!デミオムライス

オムライスにデミグラスソースを加えたものですね。意識すればほんのりとバター香りも感じることが出来ますが、おまけ程度のものです。ケチャップとデミグラスソースの相性はとても良かったのですが、具材の少なさに少々不満がありますね。せめて鶏肉が欲しかったです。シンプルなオムライスを求めている人には喜ばれると思います。

3色そぼろ&チキン南蛮弁当

せっかく鶏肉やそぼろが美味しいのにごちゃごちゃしすぎていて美味しさが半減してしまいましたね。出来れば甘酢だれもタルタルソースも自分で調整出来るように袋分けして欲しかったです。大変だと思いますが何事に置いてもそういう気遣いって大事だと思うんですよね。最近のコンビニ弁当はその辺を削減してきている気がします。

醤が決め手!四川風麻婆豆腐丼

見た目は普通の中辛くらいの麻婆豆腐に見えますが、実際は辛口と中辛の間くらいの辛いものが苦手な人には少々辛い麻婆丼かなと思いました。ただ、麻婆丼としてのクオリティは高く398円でこれだけ美味しいものが食べれるのはお得感がありますね。自分の好みの辛さであれば、何度もリピートすること間違いなしです。

醤油ラーメン

醤油ラーメンというとてもシンプルな商品名ですが、そのやる気のない商品名(すみません)とは裏腹に、スープも麺もチャーシューも、その他の具材もとても満足のいくものでした。レンジで温めるだけでカップラーメン以上のクオリティのラーメンが食べれるのは嬉しいですね。人によっては値段がネックになってくるかも。

炙り焼牛カルビ弁当

個人的には薄くて食べやすいお肉で味付けもピッタリでしたが、いざ買ってみて味が合わなかった。という人はかなり辛い思いをするんじゃないかと。牛カルビのタレは袋分けして各自で微調整出来るような感じになると嬉しいですね。560円とコンビニ弁当にしてはちょいと高い部類になりますし、それくらいの気遣いは欲しかったかも。

昔ながらの醤油ラーメン

スープにしても麺にしても、全体を通してカップラーメンではなくラーメン屋のラーメンに近い醤油ラーメンでしたね。また、醤油の味はとてもあっさりしているので、ギトギトとした油っぽいラーメンが苦手。という人でも安心して食べることが出来ますよ。

鶏めし&みぞれチキンカツ弁当

あんまり期待していなかったのですがこのお弁当は思いのほかとても美味しかったです。何よりこのチキンカツと大根おろしの相性がとても良かったんだと思います。衣にたっぷり染み込んだみぞれと大根おろしの味が癖になりますね。鶏めしに関しては醤油でしっかり味付けされているので、最後まで飽きずに美味しく食べることが出来ましたよ。

メンチカツカレー(中辛)

メンチカツが4切れ。この他にも福神漬け、豚肉が入った特にお肉に重点が置かれたカレーでしたね。中辛ということで適度な辛さを楽しむことが出来ました。最初は辛いな。と感じましたが、食べていく内に慣れていくレベルの辛さですね。

豚骨ラーメン

細いながらもコシと歯応えのある麺はとても魅力的です。カップラーメンでここまでコシのある麺はまずないですからね。さらにチャーシュー、きくらげ、高菜と具材もとても充実しています。豚骨ラーメンが好きな人は是非食べてみて欲しいです。

炙り焼チキンステーキ弁当(こだわりオニオンソース)

オニオンソースで味付けされたチキンステーキがビッシリ入っているお弁当です。ファミマで販売しているお弁当の中でもかなり量が多いものになりますので、食べる量が人一倍少ない。と言いう人にはあまりおすすめしません。お肉をガッツリ食べたい人におすすめのお弁当ですね。食べ盛りの学生さんとかにはぴったりかも。

コク旨!チャーシュー炒飯

コク旨というネーミングに嘘偽りなく、醤油味のチャーシューが良いアクセントになっていましたよ。例えお腹が一杯でも不思議と手が進んでしまう魅力を持っていると思います。このレベルの炒飯が398円は素直に安いと思いました。

海苔弁当

ちくわ磯辺揚げ、ほきフライ、コロッケ、焼きそばと色々な種類の具材を一度に食べれる贅沢な海苔弁当です。もはや海苔弁当の域を超えてます。。これだけのボリュームでありながら、お値段は430円と比較的手が出しやすいです。より安いお弁当でお腹を満たしたい。という人にとってこれ以上ぴったりなお弁当は他にないでしょう。

和風ハンバーグ弁当

和風ハンバーグということで、ハンバーグにはソテーオニオンソースがかけてあります。このソースがとても美味しくてあっさりしている分、デミグラスソースより食べやすいものだと感じました。魅力的なのはソースだけではなくハンバーグもですね。サイズが大きく分厚いものですが、柔らかくてめちゃめちゃ食べやすかったです。

赤ワインが決め手!ハヤシライス

実はハヤシライスがそんなに好きじゃないんだよね、、という人でも問題なく食べれるくらい癖が少ない味になっていました。具材は薄いお肉と玉葱くらいで、少々寂しい感じは否めないですが、シンプルなハヤシライスが好みの人にはおすすめです。ただ、この内容だともう50円くらいは安くして欲しかったかも。

炙り焼豚丼(三元豚使用)

味よりとにかく量を重視したい人におすすめのお弁当です。ご飯の量が多い割にお肉の量は少々少なめですが、気にならない人は気にならないレベルかと。また、野菜が一切入っていないので、栄養バランスを少しでも気にされる方は控えておきましょう。

若鶏の唐揚弁当(マヨネーズ付)

ごくごく普通の唐揚弁当ですが、良く言えば悪いところが全くなく普通に美味しい唐揚弁当です。割と大きなサイズの唐揚が4つも入っているためかなりお腹に溜まります。出来立てではないので衣のサクサク感は楽しめませんが、サラダや梅干が入っていたりと、唐揚以外の具材も充実していますね。430円という手ごろな値段を考えると十分すぎます。

味噌ラーメン

豚骨ラーメンや醤油ラーメンとは全く違った、味噌ラーメン特製の太くてちぢれたコシのある麺はとても魅力的でしたね。七味唐辛子が付いていないので、味の調節があまり出来ないのが残念でしたが、それ以外は文句なしの味噌ラーメンでした。

ハンバーグ&グリルチキン弁当(ガーリックピラフ)

ハンバーグ、ガーリックピラフ、グリルチキン、スパゲティ、ポテトサラダと色々な具材が詰め込まれているお弁当です!量だけを重視したお弁当かと思いきや、味も全体的にしっかりとしていますので、498円はかなりお買得だと思いました。

ミニ和風カレー丼

小さいお弁当だからと言ってクオリティが低い訳ではありません。298円という値段からは考えられないほど完成度のカレー丼でしたね。あっさりとした醤油の味。厚みのあるしっかりとした豚肉。魅力たっぷりのお弁当でしたよ。

バターチキンカレー

一般的なスパイシー感のあるカレーと違い、このバターチキンカレーは辛さが全くなく甘みが強調されたものになっています。と言っても、極端に甘ったるい味ではないので、甘すぎて食べづらい。とはならないと思いますよ。

おろしタツタ弁当(かぼすぽん酢)

正直見た目はあまり美味しそうに見えないんですが、実際に食べてみたらわかめのご飯も竜田揚げもとても美味しかったです。竜田揚げはぽん酢をかけなくても十分すぎる美味しさでしたが、味が薄いと感じたらかけてみましょう。

炙り鶏の照焼き弁当

名前の通り照焼のタレがかかっている鶏肉が4つ入っているお弁当です。この他にれんこんや枝豆、人参やキャベツなどの野菜も入っていましたよ。鶏肉自体はとても美味しいですが、サラダや野菜のクオリティがあまり良くなかったのが残念でした。

大盛ごはん豚スタミナ丼

よくある表現になってしまいますが、本当にめちゃくちゃ美味しかったです。にんにく風味の醤油だれがこのお弁当の生命線ですね。このタレがお肉と白ご飯にたっぷり染み込んでいてずっと食べていても決して飽きさせることはありません。大盛ご飯で量はとても多いですが、人一倍食べるよ!って人でなくても、一気に食べれてしまうと思います。

だしが決め手!ふんわり玉子の親子丼

だしが決め手という名前に偽りなしですね。玉子や鶏肉にしっかり味が染み込んでいるので、味が薄いなどの不満を感じることはありませんでしたよ。玉子のとろとろ感。鶏肉のサイズや量、そして歯応え。どれに置いても言うことなし、コスパ最強レベルですね。

牛カルビ焼肉カレー

とてもお腹に溜まるお弁当なので、とにかく量を重視したい!という人におすすめですが、味もしっかりしているので、お肉の入ったカレーが好きな人にもおすすめしたい商品ですね。じゃがいもや人参など野菜は全く入っていませんが、美味しさはピカイチです。

洋風ミックス弁当

洋風ミックスということで、味付きご飯、グラタン、ハンバーグ、ほきフライ、スパゲティ、豚肉玉ねぎ炒め、ポテトサラダ、ブロッコリーと、一度に色々な味を頼むことが出来てとても楽しめました。1つ1つのおかずのクオリティも高かったですよ。

幕の内弁当

焼さば、コロッケ、卵焼、がんもどき、鶏つくね、こんにゃく、人参、ひじき、いんげんと、これだけ多くの具材が食べれるにも関わらず398円と超お買得な価格で提供してくれています。好き嫌いが激しい私でも全ての具材を美味しく食べれるほどのものでしたし、このお弁当はリピート確定です。良い意味で値段と中身が釣り合ってないです。

3位 炙り焼三元豚のねぎ塩カルビ重(麦飯)

セブンやローソンで販売している三元豚のお弁当と違い、味付けがとてもしっかりとしており、ねぎ塩とマヨネーズを組み合わせたような味がしました。お肉は薄めなのでとても食べやすいですが、逆に厚みのあるお肉が好きだ。という人にはあまり合わないかもしれません。私個人としてはファミマのものが1番美味しく感じましたよ。

2位 麻婆炒飯

麻婆豆腐と炒飯の相性が良すぎてズルいくらい美味しいお弁当でしたね。その割にお値段も450円と特別高いものではありませんし。麻婆丼や炒飯のお弁当を単品で買うよりずっと良いです。強いていうなら量の割にカロリーが少し高めなのが気になるくらいですかね。

1位 だし香る!ロースかつ丼

ここまで量と質が伴っているお弁当はコンビニ弁当では珍しいですね。量が普通で美味しかったり、量が凄く多くて味はいまいちとかならよくあるんですけど。ロースかつの厚み、そして衣とお肉に染み込んだダシがめちゃくちゃ美味しかったです。ロースカツを好んで食べている人には一度で良いから食べてみて欲しいです。

最後に

ファミリーマートのお弁当はセブンやローソンなどのお弁当と違って、これは豪華だなとか、この容器は他のと違うな。とか見た目だけでは判断出来ないものがほとんどないので、実際に食べてみないと分からないことが多いんですよね。

なので、時間は途方もなくかかりますが、こうして実際に一人で食べて紹介することで、信憑性が高くなるんじゃいかなと思っています。

また、ファミマはセブンやローソンなどと比べると、新商品の登場頻度がとても低いです。これはデメリットでもありますが、よく考えると、気に入った商品を何度もリピートすることが出来るんですよね。セブンやローソンは固定商品がファミマに比べると少なくなるので、気に入った商品をリピートすることが難しいですからね。

これからも新しいお弁当を食べたら随時追加、紹介していきますので、楽しみにしててくださいね。