ローソンのオリジナル商品!でか焼鳥(もも塩)を食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売しているでか焼鳥(もも塩)です。五島灘の透き通る海水から抽出した塩が使用されているとのこと。この塩はうまみコクが強く雑味の少ない塩らしいです。どんな味に仕上がっているのか楽しみですね。

でか焼鳥(もも塩)の詳細

まず最初に、でか焼鳥(もも塩)のカロリーなどについてまとめておきますね。

栄養成分表示
カロリー124kcal
たんぱく質14.7g
脂質6.9g
炭水化物0.7g
ナトリウム600mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していくでか焼鳥(もも塩)です。ももタレの焼鳥と一緒に購入したので中身を確認するために一度開封しています。

裏側はこんな感じ。余計な絵柄などが一切ないとてもシンプルな袋ですね。

この焼鳥は常温状態で購入することになるので、食べる時は必ず温めていく必要があります。

6時間近く放置していましたが、私の環境であれば500wで30秒ほど温めたらちょうど良かったです。

持ち手の部分を見れば何の焼鳥なのか一目で分かるようになっています。今回はもも塩なのでももしおと平仮名で書かれているのが分かると思います。

ということで実際に食べてみました。

同じシリーズのももタレでさえかなりあっさりとしていたので、食べる前から何となく予想はしていたのですが、本当にあっさりしてますね。もも塩だと知らずに食べたら何の味だか分からないかもしれません。もも塩だよ。って言われれば、ああそうか。そうだね。ってなりますが、しっかりゆっくり味わっていかなと感じ取れないです。

コンビニ弁当のような濃いめの味に慣れている人だと、物足りない味だな。と思うでしょうし、普段調味料などをほとんど使わずに薄い味ばかり好んで食べている人であればちょうど良い味付けだと感じると思います。

ただ、癖が全くない味なので誰が食べてもまずい!となることはないと思います。お肉自体が嫌いだ。という人は除いて。

最後に

この商品の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

もも塩の焼鳥ですが、味はとってもあっさりとしてしょっぱさは全く感じさせないものになっていました。塩分が多めなポテトチップスなどのスナック菓子が苦手な人でも、これならば違和感なく美味しく食べることが出来ると思いますね。

あまりにあっさりとしてして食べやすかったので20秒程度で完食してしまったほどです。当然これ1本では空腹はほとんど満たされないので、お腹を満たす目的ではなく、気晴らしに食べるとか、晩御飯のおかずの1つにするとかにした方が良さそうです。

ローソンの揚げ物
おすすめランキングに戻る