ローソンのお弁当!豚肉カレー鍋のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売している豚肉カレー鍋です。

この冬に登場した鍋〆シリーズの1つですね。鍋〆シリーズですが、最初に3つの商品が登場し、最近になってまた新しく3つの商品が登場しました。ちなみに、私はこの豚肉カレー鍋以外の鍋〆シリーズは全て制覇しております(笑)

豚肉カレー鍋の詳細

名称弁当
商品名豚肉カレー鍋
価格¥530
原材料名カレースープゼラチン、ご飯(国産米使用)、豆乳クリームスープゼラチン、茹キャベツカレーソース和え、玉葱カレー味煮、豚肉煮カレーソース和え、茹もやし、じゃがいもカレー味煮、茹長ねぎ、茹チンゲン菜、チーズソース、茹人参、油揚げ煮、糊料(加工澱粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、グリシン、酢酸Na、酸化防止剤(V.E)、加工澱粉、膨張剤、乳化剤、カラメル色素、カロチノイド色素、香料、酵素、(原材料の一部に小麦、玉子、乳、さば、鶏肉、やまいもを含む)
消費期限約半日(商品購入が12月5日の12時頃で消費期限が12月5日の23時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安500w:3分30秒、1500w:1分10秒
製造者日本クッカリー(株)船橋工場 千葉県船橋市高瀬町62-5 TEL:0120-81-6459
栄養成分表示
熱量306kcal
たんぱく質11.3g
脂質10.9g
炭水化物40.8g
ナトリウム1.8g

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく豚肉カレー鍋です。

表面に貼ってあるシールには、原材料名、保存方法、消費期限、カロリーなどの詳細が載っていました。期限は短く半日程度でした。

すぐに食べる場合は、そのままの状態でレンジに乗せていきます。

レンジに乗せたら、出力を500w、時間を3分30秒に設定して温めていきましょう。

こちらが温め後の写真です。

温め終わったら、切り口の部分からフィルムを剥がして容器のフタを開けていきます。

上の段に豚肉、人参、キャベツなどの具材、、

下の段にチーズリゾットが乗っています。

食べ方は自由ですが、上の段にある豚肉やキャベツなどの具材をある程度食べてから、下の段にあるチーズリゾットの上に乗せて食べていくといいみたいですよ。

ということで実際に食べてみました。

辛すぎない適度にスパイスの効いたカレーが食べれば食べるほど癖になりますね。恐らく辛さでいうと中辛もないくらいなんじゃないかなと。なので、カレーは甘口しか食べれない。という人でも問題なく美味しく食べれるはずですよ。

また、キャベツや人参など、野菜がたっぷり入っていますが、野菜独特の苦みや食感はほとんど消え失せていますので、野菜嫌いの人でも問題なしですね。

全体的にとても満足な商品ですが、鍋〆シリーズの中では最下位かなと。悪くはないんですが、カレーとチーズリゾットがそこまでしっくりこなかったんですよね。

まあ、6種類も食べてれば1つくらいは、うーんこれはちょっと。と思うものがあっても何もおかしくないですよね(笑)

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(3.5)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.5)

やはりこのシリーズはどれも美味しい!カレーの質も、今までコンビニで食べてきたどのお弁当よりも満足出来るものでした。味が繊細というか、コンビニ弁当を食べているような感覚には全然ならないんですよね。

少し高くても良いから、満足のいくカレーを手軽に食べたい。という人は、この鍋〆シリーズの豚肉カレー鍋をおすすめしますよ。

ローソンのお弁当
おすすめランキングに戻る