ローソンのお弁当!厚切りロースかつ弁当のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、ローソンで販売している厚切りロースかつ弁当です。毎日お昼ローソンでお弁当を買う生活もそろそろ終わりが近づいてきたかもしれません。

というのも、手作り弁当シリーズを紹介したいがために、お昼に足を運んでいたので、手作り弁当シリーズを全て制覇したらいく必要がなくなるからですね。

とは言っても、ローソンの商品はまだまだ紹介しきれていないものが沢山ありますので、パン、サンドイッチ、お菓子と順を追って紹介していこうかなとは思ってます。

厚切りロースかつ弁当の詳細

まず最初に、厚切りロースかつ弁当のカロリーや消費期限などついてまとめておきますね。

名称弁当
商品名厚切りロースかつ弁当
価格¥550
原材料名白米(国産米使用)、トンカツ、キャベツ、ポテトサラダ、濃厚ソース、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、グリシン、酢酸Na、酵素、酸化防止剤(V.C)、着色料(クチナシ、カラメル)、カゼインNa、亜鉛含有酵母エキス、香料、香辛料抽出物、発色剤(亜硝酸Na)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、酸味料(原材料の一部に卵、乳、小麦粉、大豆、豚肉、りんごを含む)
消費期限約半日(商品購入が5月14日の12時頃で消費期限が5月14日の19時頃)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安不明
製造者購入したローソンの店舗
栄養成分表示
熱量783kcal
たんぱく質29.3g
脂質26.3g
炭水化物107.3g
ナトリウム974mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく厚切りロースかつ弁当です。2段重ねになっているお弁当で上にロースかつ。

そして下に白ご飯乗せてあります。バラバラにしているのは特に理由はないと思いますが、ほっともっとなどの大手のお弁当屋さんもこういった形式をとってますよね。

ロースかつということでからしも付いてきます。私はからしの辛さは苦手なので今回は使用しません。

ということで早速温めてみました。1分30秒くらいで十分かな?と思ったのですが、2つまとめて温めたため、10秒ほど多い1分40秒温めてみました。結果としては上手くいった方だと思います。熱くなりすぎず、ぬるい部分も全くありませんでした。

ちなみに使用した電子レンジはいつもと同じ1000wのものですね。

ロースかつをドアップで撮ってみました。めちゃめちゃ美味しそうですよね!ロースかつの厚みもしっかり伝わるんじゃないかと思います。

そしておまけのポテトサラダとキャベツですね。

ということで実際に食べてみました。厚切りロースかつという名前の通り、びっくりするほど厚さのあるものでした。衣の部分はとてもカリカリとしていて、見た目に似合わず柔らかくて食べやすいです。爽快な食感ですね。

この厚みのあるロースかつが9切れも入っているので、たくさん食べる人なら良いかもしれませんが、人によっては食べきれない量になるかもしれませんね。余ったら冷蔵庫などで保管して次の日とかに食べればいいだけのことですが。

ロースかつの他には、ポテトサラダとキャベツがおまけ程度ではありますが入っています。が、一緒に温めてしまうとどちらも本来の美味しさを損なってしまうので、キャベツとポテトサラダは別盛にしてくれた方が有難かったです。

買うなら出来立てを狙った方が良いかもです。大体朝の6時から遅くても8時には手作りのお弁当は店頭に並ぶので、この時間を狙うと良いでしょう。

最後に

このお弁当の評価
美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

厚みのあるボリューミーなロースかつがなんと9切れも入っていました。本当にロースかつに特化したお弁当なんだなって感じですね。厚みがあるからといって食べづらさは全く感じられず、ストレスなく美味しく食べることが出来ましたよ。ロースかつにかかっている濃厚ソースの組み合わせが抜群に合っているんですよね。

ただ、一緒に入っていたポテトサラダが温めてしまうとあまり美味しくなくなってしまうのと、お弁当の容器の形状があまり良くないのか、キャベツやご飯が若干食べづらく感じましたね。とんかつ自体は食べやすいんですが、容器が扱いにくいって感じです。

ロースかつに関しては満点をあげたいくらいの美味しさだったので、細かいところはあまり気になりませんでしたけどね。半年後とかにまだ販売されていれば、買う機会があるかもしれません。カロリーが多いのでいつでも食べれるものではないんですよね、、

ローソンのお弁当
おすすめランキングに戻る