セブンイレブンのおにぎり!直巻おむすび あさり混ぜ飯のカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

今回紹介するのは、セブンイレブンで販売されている直巻おむすび あさり混ぜ飯です。一般的なおにぎりと同じように海苔があるタイプのものになりますが、最初から巻かれているため水気や湿っぽさがありパリパリ感は一切ないと思われます。

直巻おむすび あさり混ぜ飯の詳細

まず最初に、直巻おむすび あさり混ぜ飯のカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称おにぎり
商品名直巻おむすび あさり混ぜ飯
価格¥150
原材料名あさり御飯(米(国産)、あさり、小松菜、竹の子、その他)、あさり煮、海苔、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘剤(加工澱粉)、グリシン、(原材料の一部に卵、小麦、大豆を含む)
消費期限約半日(商品購入が4月1日の午後5時頃で消費期限が4月2日の午後1時)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存する
レンジ加熱目安なし
製造者わらべや日洋(株)相模原工場 神奈川県相模原市中央区宮下3-9-1 TEL:0120-498-711
栄養成分表示
熱量198kcal
たんぱく質5.2g
脂質0.7g
炭水化物42.5g
ナトリウム611mg

実際に食べてみた

こちらが今回紹介していく直巻おむすび あさり混ぜ飯です。購入してから気付いたのですが、このおにぎりは今年の春に新しく発売したものだったのですね。

裏側には消費期限や保存方法などの詳細が載っていました。

開封方法はかなり特殊です。

一般的なおにぎりは表面に1の番号が振ってあってその部分を下に引くタイプのものが多いのですが、こちらのおにぎりは後ろから開けていきます。

そのまま前までテープを引っ張ってくれば良いのですが、途中でテープが切れてしまったり、トラブルがやたら多かったです。一部おにぎりの形まで崩れてしまいました。

ということで実際に食べてみました。ご飯の中に入っているあさりはとても大きくて美味しかったです。ですけど、言葉では表しづらいくらい食べづらかったです。

なぜこんなに食べづらい設計にしてしまったのか不思議でなりません。素直に一般的なおにぎりと同じようにパリパリとしたタイプの海苔にするか、海苔自体を巻かないだけでも食べやすさは全然変わってきたと思います。

新発売のおにぎりだとワクワクしていたのに残念な気持ちになりました。

最後に

このおにぎりの評価
美味しさ
(3.5)
満足度
(2.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(3.0)

これは味以前に構造の問題が大きいですね。なぜ普通のおにぎりと同じように前からテープを引くタイプのものではなく、後ろから引くタイプのものにしてしまったのか。このせいでとても開封しづらいおにぎりになってしまっていました。

さらに、開封後はおにぎりの形がボロボロと崩れてきますし、これは流石にもう少しどうにかならなかったのかと言いたくなります。それと海苔は巻くなら全体を覆うようにするか海苔自体をなくしてしまうかどっちかにして欲しかったです。

中途半端に海苔が巻いてあるせいで、食べている途中に形が崩れやすくなっちゃってるんですよね。このおにぎりはパリパリとしたタイプではなく、湿っているタイプの海苔です。なので、海苔を歯でちぎることも困難ですし、とにかくあらゆる面で食べづらさが目立つおにぎりでした。もっと食べることだけに集中させて欲しかったです。

セブンイレブンのおにぎりの
おすすめランキングに戻る