ローソンのパン!粗びき鉄板焼チーズバーガーのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

こんにちは!毎日1人で平均5個前後のコンビニ商品を紹介しているコンビニ商品の専門家のたくまさんです。(takumasan11)

今回紹介するのは、ローソンで販売している粗びき鉄板焼チーズバーガーです。ローソンの店舗内で作られているハンバーガーで、他にも照焼やぷりぷり海老かつなどのハンバーガーも販売していたりします。ぷりぷり海老かつは既に食べたことがあり、とっても美味しかったのでこのチーズバーガーにも期待したいところです。

粗びき鉄板焼チーズバーガーの詳細

まず最初に、粗びき鉄板焼チーズバーガーのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。

名称 調理パン
商品名 粗びき鉄板焼チーズバーガー
価格 ¥370
原材料名 ハンバーグ、パン、プロセスチーズ、トマトデミソース、キャベツ、加工でん粉、pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、甘味料(カンゾウ、ステビア)、香辛料、乳化剤、着色料(カロチノイド)、(原材料の一部に卵、乳、小麦、牛肉、大豆、豚肉、りんご、ゼラチンを含む)
消費期限 約2時間(商品購入が8月28日の午前12時頃で消費期限が8月28日の14時頃)
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する
製造者 購入した店舗
栄養成分表示
熱量 416kcal
たんぱく質 23.6g
脂質 20.6g
炭水化物 34.0g
ナトリウム 1093mg

開封と食べてみた感想

こちらが今回紹介していく粗びき鉄板焼チーズバーガーです。

袋の表面に貼ってあるシールには、原材料名、保存方法、消費期限、カロリーなどの詳細が載っていました。

すぐに食べる場合は、OPENの部分から袋を開封していけば良いのですが、、

できればレンジで温めてから食べた方が良いです。

レンジで温める場合は、500wで30秒でちょうど良い具合になるかと思います。ただ、レンジによって同じ500wでもちょっと違ったりするので注意してくださいね。

横からみるとハンバーグの厚みがどれくらいあるのか良く伝わってきますね。そして上の写真を見ての通りチーズもたっぷりです。

ということで実際に食べてみました。

ハンバーグはマクドナルドのチーズバーガーと比べても格段に厚みのあるもので適度な肉汁が快感でした。とろりとしたチーズの食感やデミグラスソースの味、そしてキャベツのシャキシャキ感が加わり、とても食べやすかったですよ。

ハンバーガー1つでお腹を膨らませたい。本格的なチーズバーガーが食べたい。という人は是非一度食べてみて欲しいです。チーズバーガーが好きな人なら必ず気に入るはずです。

この商品の評価

美味しさ
(4.0)
満足度
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
おすすめ度
(4.0)

チーズバーガーと言えば、マクドナルドのチーズバーガーを頭に思い浮かべる人が多いかと思いますが、マックのチーズバーガーよりクオリティは格段に上ですね。味もそうですが、ハンバーグのボリュームがまるで違うのです。

また、キャベツも挟んであるため、ハンバーグやチーズだけでなくシャキシャキッとした食感も楽しめるのは魅力を感じましたね。定価はお世辞にも安いとは言えませんが、運が良ければ30円引きで買えることもあるので、その時にお目にかかることがあれば是非食べてみて欲しいですね。癖になる美味しさですので。

ローソンのパン
おすすめランキングに戻る